小森愛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こもり あい
小森 愛
プロフィール
別名: 斉藤 香
生年月日 1969年7月22日
現年齢 45歳
血液型 O型
公称サイズ(2013年3月[1]時点)
身長 / 体重 158 cm / kg
スリーサイズ 82 - 58 - 82 cm
ブラのサイズ E
活動
ジャンル アダルトビデオ
AV出演: 1989年 - 1990年
2011年 - 2014年
専属契約: マドンナ
アリスJAPAN
ケイ・エム・プロデュース
他の活動: グラビアアイドル
タレント
女優
AV女優テンプレート | カテゴリ

小森 愛(こもり あい、1969年7月22日 - )は、日本タレント、元AV女優

来歴・人物[編集]

宇宙企画の美少女ソフト路線を代表した女優で、宇宙企画出身であることから一般にAV女優として認識する人が多かったが、デビュー当時はグラビア活動のみであった。きっかけは、スカウト[2]1989年、『愛が降ってきたよ』でAVデビュー[2]

1990年、引退作となった『廊下は静かに』では、クライマックスに学園内で『春夏秋冬』を歌いながら男たちを殺戮して返り血を浴びるシーンを演じた[3]。この作品で初カラミ。しかし、AVとは呼べないほどソフトなモノだった。ちなみに本作は、宇宙企画の美少女路線を支えた、さいとうまこと監督の宇宙企画での最後の監督作品で、2006年に発売された『宇宙企画Classic 小森愛 COMPLETE BOX』に全て収録されている。

引退後は、芝居の勉強をしたり、バンド活動を行い、1991年末から1992年にかけて、渋谷のライブハウス「TAKE OFF 7」にてバンドを従えたライブも何回か行っている。また、数は少ないが女優として舞台に立ったこともある。

1997年よりグラビアに本格復帰。さらにイメージビデオとヘアヌード写真集を発売。その後も、断続的に活動を継続するも、2000年頃から目立った活動は見られなくなる。一説によるとこれらの活動が不定期なのは、音楽活動で資金が必要になったときしか活動しないからではと言われている。2005年には、結婚し2児の母となっているとの記事が雑誌に掲載されたが、これは同姓同名の別人であった。

2011年12月2日から4日までの3日間、小森愛とギャラリー会場で直接会えて、話せて、握手ができて、ツーショット写真も撮り放題の「小森愛 写真展」(アリスJAPANプロデュース)を原宿のデザイン・フェスタ・ギャラリーで無料開催。全国各地からファンが集結、盛大なイベントになった[4]。同月、アリスJAPAN専属女優としてAVに復帰[2]。この復帰作で本番を解禁。本作の監督を務めたのは宇宙企画当時の作品の監督であるさいとうまこと、撮影も宇宙企画当時のビデオカメラマンの「矢部カメラマン」である。

2013年4月よりマドンナ専属となる。

2014年2月26日の公式ブログでAV引退を示唆する内容を掲載。AV引退後は女優・タレントとして活動を続けるとしている[5]

なお、2012年現在も結婚はしていないという[2]

作品[編集]

アダルトビデオ[編集]

1989年
  • 愛が降ってきたよ(1月28日、宇宙企画)
  • Hallelujah [はれるや](12月24日、宇宙企画)
1990年
  • 廊下は静かに(10月7日、宇宙企画)
2002年
  • 美少女伝説(1月12日、宇宙企画)※『愛が降ってきたよ』『Hallelujah [はれるや]』『Album』を収録
2003年
  • 宇宙企画Classic 小森愛(12月9日、宇宙企画)※『愛が降ってきたよ』『Hallelujah [ハレルヤ]』『廊下は静かに』を収録
2006年
  • 宇宙企画Classic 小森愛 COMPLETE BOX(3月10日、宇宙企画)※『愛が降ってきたよ』『Hallelujah [ハレルヤ]』『廊下は静かに』の他、オムニバスの抜粋を収録
2011年
  • 復活(アリスJAPAN、12月9日)
2012年
  • 抗いきれない人妻の性(アリスJAPAN、1月13日)
  • 美人女教師 犯される聖職(アリスJAPAN、2月24日)
  • 出会って4秒で合体(アリスJAPAN、3月23日)
  • 母が裸族でガマンできない(アリスJAPAN、4月27日)
  • 熟女のベロちゅう交尾(アリスJAPAN、5月25日)
  • 夫の瞳に映るのは犯されてる私(アリスJAPAN、6月22日)
  • ザーメン搾取業の女(アリスJAPAN、7月27日)
  • 不倫温泉旅行(アリスJAPAN、8月24日)
  • 小森愛の結婚相談所(アリスJAPAN、9月28日)
  • 小森愛が好きすぎて女性がみんな愛ちゃんに見えてしまう僕(アリスJAPAN、10月26日)
  • 節電妻の汗かきセックス(アリスJAPAN、11月23日)
  • 小森愛の卑猥語交尾(アリスJAPAN、12月28日)
2013年
  • キミの家に、小森愛を派遣します。(アリスJAPAN、1月25日)
  • 美魔女の母性「愛」(アリスJAPAN、2月22日)
  • 美義母 愛(4月7日、マドンナ)
  • あなたへ 今晩、さゆりの家に泊まります。(5月7日、マドンナ)
  • 万引き未亡人凌辱(6月7日、マドンナ)
  • 小森愛アリスJAPAN復活からのセックスすべて見せます(6月14日、アリスJAPAN)※総集編
  • 嫁の母(7月7日、マドンナ)
  • これから私、犯されます 愛する夫のために…(8月7日、マドンナ)
  • 美熟女ソープ 壺姫御殿(9月7日、マドンナ)
  • 美熟女教師だらけの童貞男子校(10月7日、マドンナ)共演:牧原れい子秋野千尋青山葵
  • 息子だけを愛し続けて…(11月7日、マドンナ)
  • Madonna10周年記念作品 マドンナ熟女祭 〜10年に1度の大祭を仕切るのは誰!?愛液乱れ飛ぶ婦人会対抗の乱〜(12月25日、マドンナ)共演:白木優子、愛田奈々、三浦恵理子結城みさ翔田千里村上涼子北条麻妃風間ゆみ、牧原れい子、友田真希
2014年
  • 人妻ハイレグ羞恥(1月25日、マドンナ)
  • 叔母の誘惑 〜僕を優しく翻弄する艶やかな肉体〜(2月25日、マドンナ)
  • 女性専用車両 人妻レズ痴漢 小森愛レズ解禁!!(3月25日、マドンナ)共演:北条麻妃、村上涼子
  • 母子交尾 【会津荒海路】(5月8日、ルビー)
  • ツン顔でイキガマンするオンナ教師(5月9日、ワープエンタテインメント
  • 匂い立つ熟女のムレたノーパンパンスト(5月23日、煌(KIRAMEKI)
  • ナニされても絶対、寝てなきゃダメ!!(6月6日、ワープエンタテインメント)他出演:原千草星川麻紀西條るり桜井あゆ板垣あずさ椎名ゆな、桜木郁、成宮ルリ、芦田知子
  • 丸ごと! 小森愛SPECIAL16時間 〜美熟女伝説12タイトル全25本番BEST〜(6月25日、マドンナ)※総集編
  • 俺の叔母さん 甥っ子たちを誘惑! カワイすぎるアイドル叔母さん(7月10日、ルビー)

イメージビデオ[編集]

  • 美魔女伝説(2014年7月25日、QH映像)

出演[編集]

Vシネマ[編集]

  • ひみつの花園(1991年7月15日、メディアックス)共演:相沢優花牧本千幸、川島美優
  • マネキン(1992年6月、タキコーポレーション)主演:秋乃桜子
  • 体育の時間 ブルマから汗が…(1998年8月、カレスコミュニケーションズ)共演:佐々木彩、倉本梨里、白石ことこ
  • 生保レディー愛 危険な訪問者(2014年6月4日、楽創舎)共演:山口真里

TVドラマ[編集]

写真集・雑誌[編集]

  • 美少女記念日(1988年5月5日、英知出版)
  • 美少女伝説(1989年3月3日、英知出版)
  • Ai the third(1990年1月20日、英知出版)
  • MATAMORPHOSIS(1991年2月3日、英知出版)
  • My Dear(1997年12月10日、英知出版)
  • Love All(1999年4月26日、英知出版)
  • 実話大報(2013年3月30日、ジーオーティー) - 5月号表紙

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 公式プロフィール”. 女優紹介. マドンナ. 2014年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c d 伝説AV女優が復帰!美少女から美魔女へ”. ZAKZAK (2012年6月22日). 2015年2月20日閲覧。
  3. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年8月2日号 「熟女AVガールズこってり総選挙」74-81頁
  4. ^ 「小森 愛 写真集」のご報告と御礼のメッセージ”. アリスJAPAN. 2014年1月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年2月20日閲覧。
  5. ^ 近頃のAVは同窓会で憧れのあのコと再会した気分が味わえる”. メンズサイゾー. p. 2 (2014年5月27日). 2014年6月2日閲覧。

外部リンク[編集]