小森まなみのPop'n!パジャマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小森まなみのPop'n!パジャマ
ジャンル トーク、バラエティ
放送方式 収録
放送期間 1994年10月1日 - 2011年6月26日
放送時間 #放送参照(30分)
放送回数 872
放送局 東北放送
制作 桑の実プロ
パーソナリティ 小森まなみ
提供 アミューズメントメディア総合学院(番組協力スポンサー)
テンプレートを表示

小森まなみのPop'n!パジャマ(こもりまなみのポップン!パジャマ)は、1994年10月1日から2011年6月26日まで、東北放送(TBCラジオ)・山形放送(YBCラジオ)などでラジオ放送された、桑の実プロ制作のトーク・バラエティ番組である。

概要[編集]

小森まなみが、自身の担当するラジオ番組のリスナーから「東北にはアニラジがありません。声優のコンサートも、東京から札幌にツアーがとんでしまう。クリアーな声でマミ姉の声を聴きたいんです」という手紙に動かされ、小森自身が企画書を書き、スポンサーを探し、制作会社に持ち込んだことで、1994年にアニラジ未開の地といわれた東北地方に、初めて誕生したアニラジ系番組である[1]。 「ツーウェイコミュニケーション」をモットーとし、幅広いリスナー・ファン層を持っていた[2]

パーソナリティ[編集]

コーナー[編集]

  • パジャマDEトーク
  • ちょこっとリサーチ☆電話でPi
  • アミューズメントモード
  • 伝言板コーナー
  • ポップンバースデー
  • ミッドナイトネスト

放送[編集]

  • ネット局の増加、番組の合併に伴い、3度の番組タイトル変更を行なっている。

小森まなみのPop'n!パジャマ

日本国内 ラジオ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 備考
1994年10月01日 - 1997年04月05日 土曜 24:05 - 24:35 東北放送 宮城県
1994年04月12日 - 1996年10月05日 土曜 24:00 - 24:30 東北放送 宮城県 放送時間変更
1995年04月15日 - 1996年10月05日 東海ラジオ 中京広域圏
1996年01月06日 - 1996年03月30日 土曜 23:30 - 24:00 ラジオ大阪 近畿広域圏

小森まなみのPop'n!パジャマ EX

日本国内 ラジオ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 備考
1996年10月12日 - 1998年03月28日 土曜 24:00 - 24:30 東北放送 宮城県
1998年04月05日 - 1998年10月04日 日曜 24:30 - 25:00 東北放送 宮城県 放送日時変更
1998年10月08日 - 1999年04月01日 木曜 23:00 - 23:30 東北放送 宮城県 放送日時変更
1996年10月12日 - 1997年12月27日 土曜 24:00 - 24:30 東海ラジオ 中京広域圏
1996年10月12日 - 1997年04月05日 土曜 21:00 - 21:30 ラジオ日本 神奈川県
1997年04月14日 - 1997年12月29日 月曜 24:00 - 24:30 ラジオ日本 神奈川県 放送日時変更
1998年01月04日 - 1998年03月29日 日曜 20:30 - 21:00 ラジオ日本 神奈川県 放送日時変更
1998年04月06日 - 1998年10月05日 月曜 24:00 - 24:30 ラジオ日本 神奈川県 放送日時変更
1998年10月09日 - 1999年04月02日 金曜 26:40 - 27:10 AM-KOBE 兵庫県

小森まなみのPop'n!パジャマ RV

  • 1999年4月8日の放送より『AsRラジオレボリューション』と合併し、番組タイトルを『小森まなみのPop'n!パジャマ RV(レボリューション)』に変更、パーソナリティーに高橋直純が加わった。
日本国内 ラジオ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 備考
1999年04月08日 - 1999年09月30日 木曜 23:00 - 23:30 東北放送 宮城県
1999年10月09日 - 2000年03月25日 土曜 23:00 - 23:30 東北放送 宮城県 放送日時変更
2000年04月02日 - 2001年04月01日 日曜 24:00 - 24:30[3] 東北放送 宮城県 放送日時変更
1999年04月18日 - 2000年03月26日 日曜 24:30 - 25:00 青森放送 青森県
1999年04月12日 - 1999年10月31日 月曜 23:30 - 24:00 秋田放送 秋田県
1999年11月06日 - 2000年03月25日 土曜 22:00 - 22:30 秋田放送 秋田県 放送日時変更
2000年10月08日 - 2001年03月31日 日曜 24:00 - 24:30 秋田放送 秋田県 放送日時変更
1999年04月11日 - 2001年04月01日 日曜 24:30 - 25:00[4] IBC岩手放送 岩手県
1999年04月10日 - 2001年03月31日 土曜 22:00 - 22:30 山形放送 山形県
1999年04月09日 - 2000年03月24日 金曜 25:30 - 26:00 AM-KOBE 兵庫県
2000年04月01日 - 2000年09月30日 土曜 25:30 - 26:00 AM-KOBE 兵庫県 放送日時変更
2000年10月07日 - 2001年03月31日 土曜 25:00 - 25:30 AM-KOBE 兵庫県 放送時間変更

小森まなみのPop'n!パジャマ EYE

  • 高橋直純が降板し、再び単独パーソナリティ番組となった。
日本国内 ラジオ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 備考
2001年04月08日 - 2002年09月29日 日曜 24:00 - 24:30 東北放送 宮城県
2002年10月06日 - 2003年09月28日 日曜 24:30 - 25:00[5] 東北放送 宮城県 放送時間変更
2003年10月05日 - 2010年04月04日 日曜 25:00 - 25:30[6] 東北放送 宮城県 放送時間変更
2010年04月11日 - 2011年06月26日 日曜 24:30 - 25:00[7] 東北放送 宮城県 放送時間変更
2001年04月08日 - 2007年09月29日 日曜 24:00 - 24:30 秋田放送 秋田県
2007年10月08日 - 2010年01月04日 月曜 23:30 - 24:00 秋田放送 秋田県 放送日時変更
2010年01月08日 - 2010年09月27日 金曜 22:30 - 23:00[8] 秋田放送 秋田県 放送日時変更
2001年04月08日 - 2005年06月25日 日曜 23:30 - 24:00[9] 岩手放送 岩手県
2001年04月07日 - 2011年06月25日 土曜 22:00 - 22:30[10] 山形放送 山形県
2001年04月07日 - 2003年03月29日 土曜 26:30 - 27:00 AM-KOBE 兵庫県
2003年04月04日 - 2003年09月26日 金曜 25:00 - 25:30 AM-KOBE 兵庫県 放送日時変更 
2003年10月03日 - 2004年09月25日 土曜 27:00 - 27:30 AM-KOBE 兵庫県 放送日時変更

ネット局[編集]

放送終了時のネット局[編集]

過去のネット局[編集]

公開収録[編集]

  • 1995年7月31日、サンシャインシティ噴水広場(東京都・池袋)3×3EYESイベント
  • 1995年8月27日、TBCホール(宮城県仙台市)3×3EYES〜吸精公主〜発売記念イベント
  • 1996年8月31日、名古屋市公会堂(愛知県名古屋市)小森まなみ『Courage』発売記念ツアー2部
  • 1998年8月30日、山交ビル7階 花時計広場(山形県山形市)ラジレボ&Pop'nパジャマ『みんなけっぱれ!総決起集会!』
  • 1999年8月14日、遊学館生涯生活センターホール(山形県山形市)Pop'nパジャマ公開録音&AsRイベント リスナー総決起集会 山形リベンジ!
  • 1999年9月26日、夢メッセみやぎ(宮城県仙台市)「Comic City in 仙台16」
  • 2000年8月19日、なんばOCAT ポンテ広場(大阪府大阪市)出演:小森まなみ、高橋直純、岩崎和夫、南かおり

エピソード[編集]

  • 1994年、番組開始当時のスポンサーエクシングが制作した、小森まなみのパジャマ姿の番組テレフォンカードが、一時期20〜30万円でオークション取引された。
  • 1996年、小森まなみがアルバム『Courage』を発売した際、全国ツアーイベント開催の予定地に仙台が含まれなかった[注 1]事に一部リスナーが葉書で激しい抗議をし、それに対し小森が「申し訳ない」と涙交じりに番組内で対応し大反響を巻き起こした。翌週には小森への同情の葉書が殺到。後に、東北リスナーの悲願がかない、同年12月に発売されたシングル「YELLを君に!」の発売記念イベント開催が仙台で実現した。
  • 1998年、番組4周年に山形にて初の公開録音イベント『みんなけっぱれ!総決起集会!』が台風の豪雨の中、屋外で開かれた。豪雨のため山形新幹線が始発から運休、山形と仙台を結ぶ仙山線も途中折り返し運転となったため、小森は仙台からバスで山形入りし、高橋直純はスタッフの車で現地入りした。次の年にキングレコードから、AsR名義でリリースされたシングルCD「夏色の翼」は、この時の感動を曲にしたものである。(作詞:小森まなみ 作曲:高橋直純)
  • 2004年、番組10周年を記念して、東北放送本社TBCホールにて『小森まなみのPop'nパジャマ10th アニバーサリーイベント』が開催された。
  • 「F1レーサー“紅の貴公子”さん」、「拡張型心筋症の小学生」などにエールを贈るコーナーが設立され、数か月かけてその動向を取り上げた。
  • 2011年6月26日、小森が体調の悪化を理由に活動休止を発表し[8]、17周年目(放送回数872回目)をもって放送を終了した。先行ネットしていた山形放送では前日の6月25日に最終回を迎えている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 販売実績がなかったため、キングレコードの支店がイベントの招聘をしなかったのが理由。

出典[編集]

  1. ^ 「アニラジ解體新書「小森まなみのPop'n!パジャマ EX」」、『アニラジグランプリ』第15号1998年10月号、主婦の友社
  2. ^ ラジオライフ編集部「小森まなみのPop'nパジャマEYE」、『ラジオ番組表』VOL.177 2007年秋号、三才ブックス2007年10月ISBN 9784861991134
  3. ^ RAOIO NOTE”. TBC東北放送. 2000年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  4. ^ IBC..Radio Box”. IBC岩手放送. 1999年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  5. ^ RAOIO NOTE”. TBC東北放送. 2002年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  6. ^ RAOIO NOTE”. TBC東北放送. 2003年10月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  7. ^ RAOIO NOTE”. TBC東北放送. 2010年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  8. ^ a b インフォメーション”. 【小森まなみ公式サイト】エムズガーデン. 2015年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  9. ^ IBC..Radio Box”. IBC岩手放送. 2001年7月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。
  10. ^ タイムテーブル Welcome to YBC Web !”. YBC山形放送. 2002年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]