小栗孝一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小栗 孝一(おぐり こういち、1929年12月5日[1] - 2015年10月8日[2])は日本実業家競走馬馬主としても知られる。岐阜県郡上郡八幡町[1]日の出町(現・郡上市)出身。

略歴[編集]

出生時の姓は和田。5歳のときに伯母(母の姉)の養子となり、小栗姓となった。高等小学校を卒業後は兄が勤める鉄工所で働き、1954年から米菓子の原料の仕入れ販売業、バーナーの開発・販売業、印刷機の販売業、次いで化学薬品製造業[1]を営んだ。

馬主としては当初地方競馬の馬主資格しか有していなかったが、オグリキャップの活躍後の1989年7月に[1]中央競馬の馬主資格も取得し、オグリローマンクラシック優勝を達成した。

馬主としての所有馬[編集]

服色は青、黄菱山形、桃袖赤一本輪を使用。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 「杉本清の競馬対談(116) ゲスト 小栗孝一さん」、『優駿』、日本中央競馬会、1994年11月、 82-83頁。
  2. ^ “オグリキャップの馬主・小栗孝一氏が死去”. スポーツ報知. (2015年10月8日). オリジナル2016年3月25日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160325150044/http://www.hochi.co.jp/horserace/20151008-OHT1T50116.html 2018年1月28日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 渡瀬夏彦 『銀の夢 オグリキャップに賭けた人々』 講談社、1992年ISBN 4062052822