小柳美奈子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小柳 美奈子こやなぎ みなこ1965年 - )は、日本ピアニスト新潟県上越市出身。東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。ピアノ安川加壽子梅谷進秦はるひに師事。

人物[編集]

伴奏で有名だが、ソリストとしても吉松隆作曲のピアノ曲集「夢の動物園」から第1集、第2集(この2集には磯田健一郎の楽曲も含まれる)を各1枚のCDでリリースしている。また、山口多嘉子パーカッション)とのデュオ〈パ・ドゥ・シャ〉のメンバーでもあり、2005年にデビュー・アルバムをリリースしている。

山口と共に大の好きであり、ユニット名〈パ・ドゥ・シャ〉(意味は「猫の足跡」)はその事にちなんでつけられた。

以前は自宅でも「にゃ」という名の三毛猫を飼っていた。須川展也(小柳の)のフォトブック「音楽しか考えられなかった」によれば、その猫がたびたび家にやって来るので夫婦で可愛がっていたのだが、ある日須川がほろ酔いの勢いでつい家に入れてしまい、そのまま飼う事になったらしい。「にゃ」は彼のブログ「Sugar Time」にたびたび登場している。その後、「にゃ」は2010年12月27日に20歳で死去し、翌年の5月以来は「ぴんぽん」と「あくび」の2匹を飼っている。

トルヴェール・クヮルテット霧島市での演奏会の晩、ホテルでどんちゃん騒ぎを始めた4人に、「いい加減にしなさい!!!」と怒鳴ったという。