小柳篤二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小柳 篤二(おやなぎ[注 1] とくじ、1883年明治16年)8月1日 - 1985年昭和60年)12月23日)は、日本ドイツ文学者。元東京高等学校独語主任教授、日出学園名誉園長。

略歴[編集]

新潟県新潟区(現新潟市)出身[2]1903年明治36年)に新潟中学校を卒業[2]第一高等学校大学予科医科に入学するも、病気(脚気)で中退[2][3][4]

新潟中学校の先輩の櫻井天壇の所によく遊びに行き、ゲーテシラーの話を聞いたり、ドイツ語の詩を教えられたりしたことがきっかけで、ドイツ語の道に入ろうと思うようになる[2][5]

1909年(明治42年)に東京外国語学校独語学科を卒業[2][6]1912年(明治45年)に東京帝国大学文科大学文学科選科を修了[2]

東京府立第一中学校、東京外国語学校、大日本帝国陸軍東京高等学校第一早稲田高等学院早稲田大学千葉大学青山学院大学武蔵高等学校などで教鞭を執ったのち[2][5][6][注 2]1954年昭和29年)に日出学園園長に就任[8]

学生のドイツ語の力が増すことだけを考え、学生にドイツ語の文法や語法を、地味に職人風に教え叩き込んだ[9][10][11][注 3]

主な教え子[編集]

著書[編集]

  • 『文法本位 獨文和譯法』大学書林、1935年。
  • 『理科獨逸文法讀本』大学書林、1939年。
  • 『獨逸語の友』大学書林、1949年。
  • 『獨逸語の門』大学書林、1949年。
  • 『基準ドイツ文法讀本』郁文堂、1950年。
  • 『英語對照 獨逸語入門』第三書房、1950年。
  • 『訳読のための独乙文法 独文和訳の実際』大学書林、1951年。
  • 『独文和訳の根底』大学書林、1951年。
  • 『独文和訳問題集』大学書林、1958年。
  • 『新しい 独文解釈法』大学書林、1960年。
  • 『越後』私家版、1975年。
  • 『長い道』私家版、1981年。

編書[編集]

  • 『獨逸時文讀本』日獨書院、1924年。
  • 『紀行文集』日獨書院、1926年。
  • 『獨逸風土記』日獨書院、1926年。
  • 『獨逸風俗誌』日獨書院、1926年。
  • 『獨逸今昔物語』日獨書院、1926年。
  • 『世界小景』日獨書院、1927年。
  • 『獨逸趣味讀本』日獨書院、1927年。
  • 『獨逸文法讀本』日獨書院、1927年。
  • 『自然科學讀本』日獨書院、1928年。
  • 『實用獨逸讀本』日獨書院、1929年。
  • 『趣味の獨語入門』日獨書院、1929年。
  • 『獨逸の技術』大学書林、1938年。
  • 『教養ドイツ読本』大学書林、1952年。
  • 『対英ドイツ文典』大学書林、1952年。

訳註書[編集]

  • 『獨逸日常生活』リチャード・クローン[著]、日獨書院、1923年。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「小柳」の読み方は「こやなぎ」ではなくて「おやなぎ」[1]
  2. ^ 第一早稲田高等学院では約20年間、新潟中学校の先輩の会津八一が同僚[2][7]
  3. ^ 予習をしてこなかった学生には厳しく叱った[12]

出典[編集]

  1. ^ 越後』57頁。
  2. ^ a b c d e f g h 青山同窓会報』第28号、4面。
  3. ^ 越後』51頁。
  4. ^ 青春の森 新潟高等学校編』26-27頁。
  5. ^ a b 青山同窓会報』第16号、4面。
  6. ^ a b 東京外国語大学史 独立百周年(建学百二十六年)記念』534頁。
  7. ^ 越後』37頁。
  8. ^ 日出学園学園史 | 日出学園同窓会
  9. ^ もうひとつの新劇史 千田是也自伝』54頁。
  10. ^ 私の人生論』第9巻、187頁。『清水幾太郎著作集』第6巻。『清水幾太郎著作集』第16巻。
  11. ^ 私の履歴書 文化人』第19巻。
  12. ^ 青春風土記 旧制高校物語』第4巻、302頁。

参考文献[編集]

  • 小柳篤二先輩をお訪ねして (PDF) 」『青山同窓会報』第28号、4面、小林智明[著]、青山同窓会、1979年。
  • 八十年の回想 (PDF) 」『青山同窓会報』第16号、4面、小柳篤二[著]、青山同窓会、1973年。
  • ドイツ語 (PDF) 」『東京外国語大学史 独立百周年(建学百二十六年)記念』521-552頁、東京外国語大学史編纂委員会[編]、東京外国語大学、1999年。
  • 『越後』小柳篤二[著]、私家版、1975年。
  • 『青春の森 新潟高等学校編』毎日新聞新潟支局[編]、毎日新聞新潟支局、1982年。
  • 『もうひとつの新劇史 千田是也自伝』千田是也[著]、筑摩書房、1975年。
  • 「私の読書と人生」『私の人生論』第9巻、149-244頁、清水幾太郎[著]、日本ブックエース、日本図書センター、2010年。
  • 「私の讀書と人生」『清水幾太郎著作集』第6巻、清水幾太郎[著]、清水禮子[編]、講談社、1992年。
  • 「昨日の旅」『清水幾太郎著作集』第16巻、清水幾太郎[著]、清水禮子[編]、講談社、1993年。
  • 「糸川英夫」『私の履歴書 文化人』第19巻、糸川英夫[著]、日本経済新聞社[編]、日本経済新聞社、1984年。
  • 「東京高等学校」『青春風土記 旧制高校物語』第4巻、257-309頁、週刊朝日[編]、朝日新聞社、1979年。

関連文献[編集]