小柳司気太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小柳 司気太
人物情報
生誕 1870年12月24日
日本の旗 日本 越後国蒲原郡小吉村(現・新潟県新潟市西蒲区
死没 (1940-07-18) 1940年7月18日(69歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京帝国大学選科卒業
学問
研究分野 中国文学
道教の研究
研究機関 旧制山口高等学校
学習院大学
國學院大學
慶應義塾大学
大東文化学院
学位 文学博士(1921年)
主な受賞歴 勲六等瑞宝章
テンプレートを表示

小柳 司気太(おやなぎ しげた、1870年12月24日明治3年11月3日)- 1940年昭和15年)7月18日)は、日本の中国文学者、道教の研究者。新潟県出身。東京帝国大学選科卒。旧姓は熊倉[1]

略歴[編集]

栄典[編集]

主要編著書[編集]

  • 『宋学概論』(哲学書院、1894年
  • 『東洋史綱要』哲学館 1898
  • 『普通道徳新論』林平次郎ほか 1902
  • 『定本韓非子詳解』明治出版社 漢文註釈全書 1920
  • 『道教概説』世界文庫刊行会 1923
  • 『老荘哲学』甲子社書房 1928
  • 老子新釈』弘道館 昭和漢文叢書 1929
  • 『新修漢和大字典』博文館 1932
  • 『東洋思想の研究』正続 関書院 1934-38
  • 『満洲観感記』東亜民族文化協会パンフレツト 1934
  • 『老子講話』章華社 1934
  • 『道教の一斑』東方書院 日本宗教講座 1935
  • 『老荘の思想と道教』関書院 1935

共編著[編集]

  • 逍遥遺稿』宮本正貫との共編(非売品、1895年
  • 『詳解漢和大字典』服部宇之吉共著 冨山房 1916
  • 十八史略鈔』編 修文館 1932
  • 『白雲観志』編 東方文化学院東京研究所 1934 国書刊行会 1986
  • 孟子鈔』編 東京修文館 1938

翻訳[編集]

  • 『道教聖典』飯島忠夫共訳 世界文庫刊行會 1923 心交社 1987

関連書籍[編集]

  • 『近世之醇儒小柳司氣太』村山吉廣監修 小柳司氣太博士顕彰記念誌編纂委員会編 新潟県西蒲原郡中之口村 1999

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 20世紀日本人名事典
  2. ^ a b c 窪寺紘一『東洋学事始: 那珂通世とその時代』(平凡社、2009年)207頁
  3. ^ 『官報』第8257号、「叙任及辞令」1910年12月28日。

外部リンク[編集]