小松山貞造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小枩山貞造から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

小枩山 貞造(こまつやま ていぞう、本名:竹田 貞造(たけだ ていぞう) 1913年3月11日 - 1972年4月27日)は、石川県能美郡寺井野村小杉(現在の能美市小杉町)出身[1]の元大相撲力士。所属は井筒部屋)。ただし、1944年に井筒親方が亡くなった後、双葉山相撲道場預かりになっていた。最高位は西前頭3枚目(1941年5月場所)。現役時代の体格は170cm、101kg。得意手は右四つ、出し投げ、小股掬い内掛け肩透かし櫓投げ。引退後は再興された井筒部屋所属の年寄甲山として後進の指導にあたった[2]

略歴[編集]

主な成績[編集]

場所別成績[編集]

小松山貞造
春場所 三月場所 夏場所 秋場所
1930年
(昭和5年)
x x (前相撲) (前相撲)
1931年
(昭和6年)
東序ノ口12枚目
5–1 
東序ノ口12枚目
1–0 
西序二段29枚目
3–3 
西序二段29枚目
4–2 
1932年
(昭和7年)
西三段目31枚目
3–0 
西三段目31枚目
5–5 
西三段目14枚目
5–2 
西三段目14枚目
6–4 
1933年
(昭和8年)
西幕下17枚目
5–6 
x 東幕下24枚目
5–6 
x
1934年
(昭和9年)
西三段目2枚目
優勝
7–0
x 西幕下8枚目
5–6 
x
1935年
(昭和10年)
東幕下10枚目
2–5 
x 東三段目6枚目
5–1 
x
1936年
(昭和11年)
東幕下15枚目
7–4 
x 西幕下6枚目
5–6 
x
1937年
(昭和12年)
西幕下8枚目
8–3 
x 東十両11枚目
7–6 
x
1938年
(昭和13年)
東十両6枚目
5–8 
x 東十両12枚目
7–6 
x
1939年
(昭和14年)
西十両8枚目
8–5 
x 西十両2枚目
9–6 
x
1940年
(昭和15年)
東前頭14枚目
3–5–7 
x 西十両筆頭
10–5 
x
1941年
(昭和16年)
西前頭14枚目
9–6
x 西前頭3枚目
5–10 
x
1942年
(昭和17年)
東前頭6枚目
5–10 
x 東前頭10枚目
6–9 
x
1943年
(昭和18年)
西前頭11枚目
8–7 
x 東前頭5枚目
5–10 
x
1944年
(昭和19年)
西前頭6枚目
1–2–12 
x 東前頭18枚目
5–5 
東前頭10枚目
2–8 
1945年
(昭和20年)
x x 西前頭17枚目
0–3–4 
東十両6枚目
引退
0–4–6
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

四股名変遷[編集]

  • 竹林 貞造(たけばやし ていぞう)1930年5月場所 - 1933年5月場所
  • 小枩山 貞三(こまつやま -)1934年1月場所 - 1936年1月場所
  • 小枩山 貞造(- ていぞう)1936年5月場所 - 1945年11月場所

年寄[編集]

  • 甲山 1945年11月 - 1972年4月

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 小松山の活躍、後世に 能美・小杉出身の幕内力士”. 北國新聞 (2013年11月9日). 2013年11月9日閲覧。
  2. ^ a b c d e ベースボール・マガジン社『大相撲名門列伝シリーズ(5) 時津風部屋』p25