小林高四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小林 高四郎(こばやし たかしろう、1905年5月7日 - 1987年1月2日)は、東洋史学者、横浜国立大学名誉教授。専攻はモンゴル・元朝史。

来歴[編集]

新潟県出身。慶應義塾大学卒。1933年北京に留学、モンゴル語を学ぶ。慶大教授、トルコ大使館書記官。49年横浜国立大学教授。53年「元朝秘史の研究」で京都大学文学博士。71年定年退官、名誉教授。

著書[編集]

  • 『北支民衆の社会生活 国民思想パンフレット』国民思想研究所 1938 
  • 『イスタンブールの夜』一洋社 1948
  • 『東西文化の交流』刀江書院 1951
  • 元朝秘史の研究』日本学術振興会 1954 ユーラシヤ学会叢刊
  • ジンギスカン』1960 岩波新書
  • 『ドイツ語のこころ ことばと生活』1965 至誠堂新書
  • 『元史』明徳出版社 1972 中国古典新書
  • 『東西文化交流史 シルクロードを中心として』西田書店 1975
  • 『モンゴル史論考』雄山閣出版 1983
  • 『漁書のすさび 古本随筆』西田書店 1986

共編[編集]

  • 『通制条格の研究訳註』第1冊 岡本敬二共編著 中国刑法志研究会 1964 のち国書刊行会 

翻訳[編集]

  • ウラヂミルツオフ『チンギス・ハン伝』日本公論社 1936
  • 『アルタン・トプチ 蒙古年代記』訳註 外務省調査部第三課 1939 
  • 『蒙古の秘史』訳註 生活社 1940
  • 『蒙古黄金史 蒙古民族の古典』訳註 生活社 1941
  • A.ヴァーンベーリ『ペルシア放浪記 托鉢僧に身をやつして』杉本正年共訳 平凡社・東洋文庫、1965

参考[編集]

  • デジタル版日本人名大事典:[1]