小林邦二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 邦二(こばやし くにじ、1916年(大正5年)4月25日2010年(平成22年)4月5日)は、日本の洋画家

略歴と作風[編集]

長野県小県郡県村(現東御市)に生まれた。少年時代から画家にあこがれ、当時上田市に住む倉田白羊に洋画の手ほどきを受けた。

邦二は高等小学校を卒業後、16歳で兄・啓三と上京し、日本橋通郵便局に勤めながら、中村不折経営の太平洋美術学校選科へ入学した。

1934年(昭和9年)1月、昭和10年1月、太平洋画会展覧会に連続入選。 1935年(昭和10年)2月、東光会洋画展覧会に『E君の像』を出品し入選。同年3月、太平洋美術学校選科を修了すると、阿以田治修に師事した。兄弟子に松本竣介須田寿がおり、阿以田邸に出入りしていた。

昭和10年10月、二部会展(旧帝展)に『夏の休み』を出品し入選、読売新聞には、「局員の画家」(当時、王子郵便局)の見出しで紹介される。

1940年(昭和15年)、春陽会展に『夏の日』を出品し入選。同年、阿以田治修大久保作次郎、、小柴錦待柚木久太らが創元会を創立し、邦二は翌年、第一回創元会展(日本美術協会)に『曇日』を出品し入選。昭和17年、第二回創元会展で『風景』と『二重像』を出品、「創元賞」(最高賞)を受賞する。

召集令状が届き、郷里に戻り、故郷の思い出に『姫子沢』を描く。1944年(昭和19年)、背嚢に『姫子沢』を入れ、中国の中部各地を転戦するが、同部隊に作家 深田久弥少尉、行軍中芥川賞を受賞した八木義徳がいた。以後、深田久弥・八木義徳との交際が続く。邦二は「軍務や行軍のひまひまに、ほぼ千枚に近いスケッチを描き溜めた」(八木義徳著 小説『念願する女』より)という。

1946年(昭和21年)、復員し、板橋税務署に復職。その後、東京国税庁へ転勤。同年・翌年に日展に連続入選。 昭和23年、井上長三郎大野五郎らに誘われ、自由美術家協会展覧会に『女の顔』を出品し入選。翌年、自由美術家協会の会員に推挙され、以後、1963年まで14回出品する。

1950年(昭和25年)、北荘画廊(日本橋)で初めての個展を開く。 1952年(昭和27年)に、国税庁を退職し、寺田政明の誘いで板橋区前野町にアトリエを建て、絵一筋に生きることを決意する。 1954年(昭和29年)、詩人瀧口修造の勧めでタケミヤ画廊で個展。

1964年(昭和39年)、自由美術家協会を退会し、大野五郎、寺田政明森芳雄吉井忠麻生三郎らと主体美術協会創立に参加し、会員となる。 1967年(昭和42年)、主体美術協会を脱会。あえて束縛を離れ、孤高の自由を求める。 1969年(昭和44年)、大月ホテル(熱海)のタイル壁画制作指導。

1975年(昭和50年)、新宿中村屋で座談会「阿以田治修先生の思い出を語る」が開かれ、大島清次牛島憲之大貫松三須田寿と師を語り、松本竣介が阿以田邸に出入りしていたことを邦二が証言、松本の師は阿以田であることが判明した。

1978年(昭和53年)、豊田穣の新聞小説『七人の生還者』の挿画を担当し、信濃毎日新聞ら7社に280回連載する。同年、日本実在派の会員となった。 この間、日動画廊(銀座)、銀座松屋デパート、紀伊国屋画廊(新宿)、山本鼎記念館(上田市)などで個展を行った。

1981年(昭和56年)、板橋美術館の依頼を受け絵画教室(油絵・裸婦デッサン)の指導を行い、指導を受けた人たちにより欅会が発足した。翌年、第1回欅会展(京橋 千代田火災ギャラリー)が開かれ、以後2012年の第30回展(京橋 くぼた画廊)まで続いている。

1996年(平成8年)、「画業60年・喜寿記念小林邦二作品展 その内なる歩み」(東部町文化会館サンテラスホール)。 1997年(平成9年)に実在派を脱退し、以後無所属となった。

2001年(平成13年)、「東部町文化会館開館10周年記念展 小林邦二作品展」(東部町文化会館サンテラスホール)が開かれた。 2005年(平成17年)、創造館(上田市)で「小林邦二作品展」、翌年、東御市土蔵ギャラリー胡桃倶楽部で「小林邦二卒寿記念作品展」。 2007年(平成19年)、「小林邦二 画業75年 究極の自選展」(東御市梅野記念絵画館)が開かれた。

2008年(平成20年)、ふるさとの東御市に絵画多数を寄贈(250点)し、「作品寄贈記念 小林邦二展」(東御市文化会館サンテラスホール)を開催。 東御市の文化発展に寄与したことにより感謝状と2度にわたり紺綬褒章を受章した。

2010年(平成22年)、持病の心不全が元で、93歳11か月で没した。 同年7月、東御市主催で「小林邦二追悼展」(東御市文化会館)が開かれ、『小林邦二小伝・追悼文集』(東御市発行、梅野記念絵画館編集)が発行された。

作風は、セザンヌ、前田寛治、須田国太郎、東洋画などに影響を受け、信州人特有の忍耐と粘り強さで人物、風景、静物を対象に描き、後年は独特の半具象形を創造し、また優れたカラーリストでもあった。風景は、セザンヌのサント・ビクトワール山のようにふるさとの浅間山を好んで描いた。 画友には、牛島憲之、須田久、井上長三郎、寺田政明、古沢岩美、沓掛利通らがいる。

代表作品[編集]

  • 風景(東御市立田中小学校蔵)
  • 二重像(東御市文化会館蔵)
  • 自画像(東御市文化会館蔵)
  • 姫子沢(東御市文化会館蔵)
  • 夏の日(板橋区立美術館蔵)
  • いこい(東御市文化会館蔵)
  • 受難(東御市文化会館蔵)
  • 胸像(佐久近代美術館蔵)
  • 奔馬(造幣局蔵)
  • 風景を背した柿群(鉄道弘済会蔵)
  • 訴え(東御市田中区民館蔵)

参考文献[編集]

  • 「邦さんの絵」 八木義德(1952年)
  • 「小林邦二作品点」評 田近憲三 「三彩」1月号(1967年)
  • 『信州美術家群像』 矢島太郎著 新信州社(1972年)
  • 『小林邦二の人と作品上・下』小崎軍治 信州民報(1981年)
  • 画集『小林邦二作品集』(1997年)青山社
  • 『長野県美術全集』第12巻 「信州の現代芸術の世界 各地で活躍する信州の現代作家たち』(1997年)郷土出版社
  • 『小林邦二小伝・追悼文集』東御市発行、梅野記念絵画館編集(2010年)
  • 信濃毎日新聞「美術と戦争」より「自画像」、「姫子沢」(2007年8月) 植草学

•『ひたむきに画道へ 小林邦二の生涯』弘報印刷出版センター発行 小林一英 (524頁) 2015年8月

外部リンク[編集]