小林路易

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 路易(こばやし るい、1929年9月13日 - 2002年3月3日[1])は、日本のフランス文学者比較文学研究者。早稲田大学名誉教授[2]。 東京府(現杉並区)生まれ。1951年早稲田大学文学部仏文科卒、1956年同大学院修了、パリ大学に学び、1964年早大文学部助教授、1969年教授、1979年第二文学部長、1982年第一文学部長、2000年定年退任、名誉教授。フランス政府から教育文化功労賞を受ける。

著書[編集]

  • 『基礎フランス語作文法』白水社 1968
  • 『掛詞の比較文学的考察』早稲田大学出版部 2001

共編著[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 『現代日本人名録』2002
  • 追悼 小林路易先生 「比較文学年誌」2003