小林貴子 (柔道家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
獲得メダル
日本の旗 日本
女子 柔道
世界柔道選手権
1989 ベオグラード 61kg級
アジア大会
1990 北京 61kg級

小林 貴子(こばやし たかこ、1968年4月2日 -)は、京都府出身の日本柔道家。現役時代は61kg級の選手。身長159cm。得意技は内股[1]

人物[編集]

京都市立柏野小学校6年の時に早くも全日本の体重別に出場を果たす。初戦で開始早々の巴投げで敗れたものの、話題となった[2]。 その後京都商業高校から筑波大学に進み、大学2年の時には無差別の全日本選手権で、第一人者の田辺陽子と接戦を演じる活躍を見せて61kgの選手ながら2位となった[1]。翌年にはライバルである北田典子を破り、世界選手権代表になり3位となった[1]。その後ミキハウスに入社して1992年バルセロナオリンピック代表にもなるが、初戦で敗れて引退した[2]。その後は岡山学芸館高等学校女子柔道部監督を務めた[3]。なお、2016年には非常勤講師となり、立命館大学女子柔道部女子監督となる[4]

主な戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「平成3年度後期全日本強化選手名鑑」近代柔道 ベースボールマガジン社、1992年2月号
  2. ^ a b 「ヒューマンアプローチ 小林貴子」近代柔道 ベースボールマガジン社、1993年3月号、74-75頁
  3. ^ 岡山学芸館高等学校 柔道部
  4. ^ 「全日本学生優勝大会」近代柔道 ベースボールマガジン社、2016年8月号

外部リンク[編集]