小林茂 (地理学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人物情報
生誕 1948年3月
日本の旗 日本 愛知県
出身校 愛知県立旭丘高等学校
京都大学
学問
研究分野 地理学
研究機関 東京都立大学
九州大学
国立民族学博物館
大阪大学
放送大学
主な受賞歴 人文地理学会賞(2004年11月)
日本地理学会賞優秀賞(2010年3月)
テンプレートを表示

小林 茂(こばやし しげる、1948年3月- )は、日本地理学者大阪大学名誉教授、放送大学客員教授。

愛知県生まれ。専門分野は文化地理学文化生態学ネパールヒマラヤ、国内では琉球列島九州で疾病や資源利用などの調査研究をおこなってきた。 災害など人間と環境の関係についての研究を行うと共に、近年では、景観の記録としての地図に関心をよせており、近世絵図さらには外邦図の研究もしている。

第4回人文地理学会賞受賞(2004年11月)。日本地理学会賞優秀賞受賞(2010年3月)。

略歴[編集]

  • 1966年に愛知県立旭丘高等学校卒業。
  • 1971年に京都大学文学部史学科卒業。
  • 1973年に京都大学大学院文学研究科修士課程修了
  • 1974年に京都大学大学院文学研究科博士課程退学
  • 1974年に東京都立大学助手。
  • 1978年に九州大学講師。
  • 1980年に九州大学助教授。
  • 1982年に国立民族学博物館併任助教授。
  • 1991年に九州大学教授。
  • 1997年に大阪大学文学部教授。
  • 1999年から大阪大学大学院・文学研究科教授。
  • 2001年「琉球列島における人間-環境関係とその変動」で京大文学博士
  • 2003年から放送大学客員教授。
  • 2012年に大阪大学名誉教授。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『農耕・景観・災害―琉球列島の環境史―』第一書房、2003 
  • 『外邦図―帝国日本のアジア地図―』中公新書・中央公論新社、2011

編著[編集]

  • 『近代日本の地図作製とアジア太平洋地域―「外邦図」へのアプローチ』大阪大学出版会、2009 

共編著[編集]

  • 『日本の自然 地域編7 九州』岩波書店(内嶋善兵衛・勘米良亀齢・田川日出夫共編)1995
  • 『福岡平野の古環境と遺跡立地 環境としての遺跡との共存のために』九州大学出版会(佐伯弘次磯望高倉洋彰共編)1998 
  • 『太宰府市史 環境資料編』太宰府市 (磯望・下山正一共編)2001
  • 『人文地理学』放送大学(杉浦芳夫共編)2004
  • 『太宰府市史 通史編Ⅰ』太宰府市(高倉洋彰・磯望・石松好雄・長洋一共編)2005
  • 『城下町大坂』大阪大学出版会(鳴海邦匡・大澤研一共編)2008
  • 『グローバル化時代の人文地理学』放送大学教育振興会(宮澤仁共編)2012

関連項目[編集]

外部リンク[編集]