小林稔 (写真家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 稔
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県小田原市
最終学歴 日本大学芸術学部写真学科
公式サイト http://mk.motoring.jp/
テンプレートを表示

小林 稔(こばやし みのる、1955年 - )は、自動車写真家。日本レース写真家協会会長。長女はジャズ、フュージョンミュージシャンの小林香織

略歴[編集]

日本大学芸術学部写真学科を卒業後、自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の社員カメラマンとして8年勤務。独立後は自動車専門誌や一般誌の新車試乗記、メーカーのカタログなどアウトドア、スタジオを問わずクルマとモータースポーツの写真を撮り続ける。現在、スーパーフォーミュラSUPER GTのオフィシャル・フォトグラファーを務め、ルマン24時間レースなど国内外で年間20レース以上を撮影する。そのかたわら、写真雑誌CAPAの「流し撮りGP」の審査も担当している。日本レース写真家協会(JRPA)会長[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「小林稔プロフィール」 - JRPA:日本レース写真家協会

外部リンク[編集]