小林秀司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 秀司(こばやし しゅうじ、1939年4月17日 - )は、日本の元スピードスケート選手である。長野県出身。

岡谷工業高校時代にはインターハイ10000mで3連覇を達成[1]明治大学在学時の1960年スコーバレーオリンピックに出場、1500m34位、5000m24位、10000m21位だった。

脚注[編集]

  1. ^ 日刊スポーツ2014年1月22日北海道版18面「全国高校スケート3連覇達成者」より

外部リンク[編集]