小林由香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 由香こばやし ゆか
誕生 1976年
日本の旗 長野県
職業 小説家
推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2016年 -
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 小説推理新人賞(2011年)
キノベス!(2017年)
デビュー作 『ジャッジメント』(2016年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

小林 由香(こばやし ゆか、1976年[1] -)は、日本小説家推理作家

経歴・人物[編集]

長野県生まれ[1]。2006年、「全速力おやじ」で第6回伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞の審査員奨励賞、スタッフ賞を受賞する[2]。2008年、第1回富士山・河口湖映画祭シナリオコンクールで審査委員長賞を受賞する[3]。2010年、MONO-KAKI大賞シナリオ部門で佳作入選[3]。2011年、「ジャッジメント」で第33回小説推理新人賞を受賞する[4]。2016年、「サイレン」が第69回日本推理作家協会賞の短編部門の候補作に選ばれる[5]。2017年に『ジャッジメント』がキノベス!8位に選出。

趣味は映画鑑賞[1]。好きな映画として『あの夏、いちばん静かな海。』を挙げている[1]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

アンソロジー収録作品[編集]

雑誌掲載作品[編集]

  • 「星空の下の罪人」 - 『小説推理』2017年4月号 - 11月号(双葉社)(連載)
  • 「イノセンス」 - 『カドブンノベル』2020年6月号 掲載

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 第33回 小説推理新人賞 - 公募ガイド
  2. ^ 伊参スタジオ映画祭
  3. ^ a b ジャッジメント - 双葉社
  4. ^ 双葉社、重点新刊『ジャッジメント』6月20日搬入へ:メディア産業の総合専門紙-文化通信
  5. ^ お知らせ - 日本推理作家協会