小林正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 正行(こばやし まさゆき、1977年11月22日 - )は、日本国文学者群馬大学教育学部国語教育講座講師。専門分野は言語学[1]

略歴・人物[編集]

研究分野[編集]

日本語史・文法史

  • 日本語の歴史的な変化
  • 中世末期から近世前期の口語

著書・論文[編集]

論文[編集]

  • 『抄物資料における副助詞ガナ』(近代語研究、2010年)
  • 『近世前期狂言台本におけるナンド・ナドの様相』(学芸国語国文学、2010年)
  • 『助詞バシについての一考察 ―抄物を中心に―』(近代語研究、2008年)
  • 『狂言台本における助詞バシ』(日本語の研究、2006年)

脚注[編集]

  1. ^ 群馬大学 大学情報データベース