小林正明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

小林 正明(こばやし まさあき、1947年1月3日 - 1998年2月25日)は、日本実業家自動車の装飾品など扱う小売会社「ゲインズ」などを経営。1989年の朝日杯3歳ステークス、1990年の東京優駿(日本ダービー)他に優勝したアイネスフウジンなどを所有した馬主でもあった。

経歴[編集]

25歳のとき自動車の装飾品・部品を扱う会社を設立して業績を挙げ、小林の会社「ゲインズ」は一時F1レーススポンサーにも名を連ねた[1]。1988年12月に日本中央競馬会(JRA)の馬主資格を取得し[1]、翌年にはアイネスフウジン朝日杯3歳ステークスを制してGI競走に初優勝。翌1990年には、中央競馬史上最多の入場人員を記録した[2]日本ダービーに優勝し、資格取得から2年でダービーオーナーとなった。ほか1993年の府中3歳ステークス[3]を制したアイネスサウザーなども所有した。

その後、本業でも関東から東海地方に続々と店を出していったが[4]、業界は日本ダービー優勝の頃をピークとして以後景況が悪化していった[4]。小林も1996年頃に銀行からの新規融資を断られ[4]、1998年2月25日、東京都国立市内のホテルにおいて自動車関連企業の社長2名と共に心中自殺縊死)した[5]。51歳没。他の2名とは20年来の取引相手かつ友人であり、互いに手形を融通しあって資金を調達していたが、資金繰りに行き詰まったとされる[4]。自殺した25日は決済日であった[4]。小林には4億円の死亡保険が掛けられており、家族に対する遺書のほかに、会社の机上に「保険金を資金繰りの足しにしてください」という遺書が残されていた[4]。会社は37億円の負債を抱え、小林の死去から2日後に自己破産手続きに入った[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『優駿』1990年7月号、pp.56-58
  2. ^ 『優駿』1990年7月号、p.138
  3. ^ 当時は重賞昇格前
  4. ^ a b c d e f 『朝日新聞 縮刷版 1998年2月号』、p.1349
  5. ^ 『朝日新聞 縮刷版 1998年2月号』、p.1309
  6. ^ 『朝日新聞 縮刷版 1998年2月号』、p.1402

参考文献[編集]

  • 優駿』1990年7月号(日本中央競馬会)
  • 朝日新聞 縮刷版 1998年2月号』(朝日新聞社、1998年)[注 1]
  1. ^ 「小売会社社長」と匿名で報道されているが、1990年の日本ダービー優勝に触れられており小林であることが確認できる。