小林昭則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小林 昭則
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都江戸川区
生年月日 (1967-08-05) 1967年8月5日(51歳)
身長
体重
174 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト2位
初出場 1990年4月10日
最終出場 1996年4月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小林 昭則(こばやし あきのり、1967年8月5日 - )は、東京都出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。現・帝京第五高校野球部監督

来歴・人物[編集]

帝京高校では1985年春の選抜に出場。広島商東海大五高池田高を完封するなど順調に勝ち進む。しかし決勝では伊野商渡辺智男に完封を喫し、準優勝にとどまった。同年夏の甲子園東東京大会でも決勝まで進むが、古賀道人のいた関東一高に敗れ甲子園出場を逸する。高校同期に河田雄祐、1年下に奈良原浩がいた。

卒業後は筑波大学へ進学。首都大学リーグでは、1年上の渡辺正和投手との二本柱で、1987年秋季リーグでのチーム初優勝に貢献。直後の明治神宮野球大会では準決勝で東洋大を破り、決勝でも法大を延長10回の熱戦の末に降して初優勝を飾る。国公立大学野球部としても史上初の全国大会優勝であった。1988年には日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。1989年秋季リーグでは7勝1敗の活躍で最優秀投手、ベストナインを受賞。リーグ通算56試合登板、25勝13敗、防御率1.81。

1989年のドラフト2位でロッテオリオンズ入団。1年目の1990年から一軍で起用されるが結果を出せず、1996年に現役引退した。

1991年10月17日の対福岡ダイエーホークス戦で一軍では唯一の先発登板をしているが、この試合は同年のシーズン最終戦で翌年から千葉マリンスタジアムへの本拠地移転に伴いチーム名が「千葉ロッテマリーンズ」に変更されたため、結果的に「ロッテオリオンズ」としては最後の先発投手となった。

持ち球のシュートは打者の胸元で浮き、あるいは沈む。カーブの落差も大きく、ストレートにもクセがあり、ベース付近でストンと落ちることもあった。

1997-98年、ロッテのスコアラー兼打撃投手を務める。

2000年、母校の帝京高校保健体育科教員となり、2002年からは同校野球部で前田三夫監督を補佐して助監督を務めた。

2016年、帝京第五高校野球部監督に就任。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1990 ロッテ 11 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 100 21.0 24 1 13 0 0 9 0 0 15 13 5.57 1.76
1991 11 1 0 0 0 0 1 0 -- .000 123 26.2 23 3 18 0 4 10 0 0 16 15 5.06 1.54
1993 2 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 17 3.0 8 0 1 0 0 1 0 0 4 4 12.00 3.00
1996 3 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 30 6.2 9 1 2 0 0 1 1 0 4 4 5.40 1.65
通算:4年 27 1 0 0 0 0 2 0 -- .000 270 57.1 64 5 34 0 4 21 1 0 39 36 5.65 1.71

記録[編集]

背番号[編集]

  • 13 (1990年 - 1996年)

関連情報[編集]

書籍[編集]

  • 不惑 桑田・清原と戦った男たち』(矢崎良一著、ぴあ、不惑の年(40歳)を迎えたKKコンビと同学年の9人(内プロ経験者8名)にKKコンビに関する取材をしたノンフィクション、第四章が小林自身の章、小林自身の球歴が詳細に語られる、ISBN 978-4835616926)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]