小林文次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 文次(こばやし ぶんじ、1918年4月19日 - 1983年8月28日)は、日本建築史家工学博士福島県伊達郡桑折町生まれ。兄に歴史学者・文学博士の角田文衛がいる。

日本大学理工学部建築史研究室を主宰。建築史とくに近代建築史を教える。門下には望月照彦近江榮山本理顕椎名英三などがいる。

1941年、東京帝国大学卒業、同大学院に進学。大学院生時代は平等院の研究をてがける。その後、フルブライト制度でアメリカ合衆国に留学。アメリカ合衆国近代建築史を研究。慶應義塾大学予科教授を経て、1949年日本大学旧工学部(現理工学部)へ。メソポタミア文明の建築の文献学的研究で学位を授与。ICOMOS理事など海外でも活躍し、1961年日本建築学会賞論文賞受賞。

1983年、直腸癌のため65歳で死去。従五位、勲四等旭日小綬章が追贈された。

著書[編集]

  • 『アメリカ建築』彰国社、1958年
  • 『建築の誕生 メソポタミヤにおける古拙建築の成立と展開』相模書房、1959年
  • ニコラウス・ペヴズナー『ヨーロッパ建築序説』彰国社 1954年。新版1989年(共訳)
  • ウィッチャーリー『ギリシャ都市はどうつくられたか』みすず書房、1962年
    • 『古代ギリシャの都市構成』相模書房、1980年