小林惟司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 惟司(こばやし ただし、1930年7月27日 - )は、日本商学者文筆家千葉商科大学名誉教授。 神奈川県横浜市生まれ。1953年慶應義塾大学経済学部卒業後、明治生命(現:明治安田生命)入社(1983年3月まで)。1983年より千葉商科大学助教授となり、1989年から千葉商科大学教授となる。

1991年、「日本保険思想の生成と展開」で中央大学商学博士2002年、千葉商大退任、名誉教授。 生命保険を研究したが、その他寺田寅彦などの人物伝を執筆する。

著書[編集]

  • 寺田寅彦の生涯 東京図書 1977.6
  • 日本保険思想の生成と展開 東洋経済新報社 1989.7
  • 保険思想家列伝 保険毎日新聞社 1991.6
  • 保険思想の源流 千倉書房 1997.5 (保険学シリーズ)
  • 続・保険思想家列伝 保険毎日新聞社 1997.4
  • 日本人を叱る ただし先生やぶにらみ 小林ただし 勉誠出版 2002.9
  • 寺田寅彦と連句 勉誠出版 2002.12
  • 寺田寅彦と地震予知 東京図書 2003.10
  • 保険思想と経営理念 千倉書房 2005.3
  • 犬養毅(つよし) 党派に殉ぜず、国家に殉ず ミネルヴァ書房 2009.7 (ミネルヴァ日本評伝選)
  • 二宮尊徳 財の生命は徳を生かすにあり ミネルヴァ書房 2009.12 (ミネルヴァ日本評伝選)

翻訳[編集]

  • 生命保険経済学 ソロモン・S.ヒューブナー 慶応通信 1962
  • 生命保険 J.B.マクリーン 慶応通信 1971

参考[編集]

  • 小林惟司先生 略歴および著作目録 (小林惟司先生退職記念号) 「千葉商大論叢」2002-03