小林定義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 定義(こばやし さだよし、1905年2月14日 - 1997年5月23日[1])は、 日本フィールドホッケー選手、ホッケー指導者。

経歴[編集]

明治大学を卒業した[2]

1932年、日本のフィールドホッケーチームのメンバーとして1932年ロサンゼルスオリンピックに出場し、銀メダルを獲得した。バックとして2試合に出場した。また、1964年東京オリンピック日本選手団ホッケー監督を務めた[2]

明治大学ホッケー部監督を務めるとともに、全国を巡って高等学校にホッケー部を設けて指導を行うなど、ホッケー界の振興に尽力した[2]

受賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、443頁。
  2. ^ a b c d 『現代物故者事典 1997~1999』238頁。

参考文献[編集]

  • 日外アソシエーツ編『現代物故者事典 1997~1999』日外アソシエーツ、2000年。

外部リンク[編集]