小林哥津

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 哥津(こばやし かつ、1894年11月20日[1] - 1974年6月25日)は日本の女性小説家

略歴[編集]

1894年に小林清親の五女として東京府東京市京橋区[2]に生まれる。名は哥津子。母は田島芳子。仏英和高等女学校(現・白百合学園中学校・高等学校)卒業。1911年に雑誌『青鞜』の編集助手となり、同雑誌に戯曲『お夏のなげき』や小説『麻酔剤』などを執筆した。1914年に青鞜社を退職し、外国文学の翻訳や東京回想、父の清親の研究資料などについての著作を行った。著書に『瑞典のお伽噺不思議な旅』、『清親考』がある。1974年6月25日、79歳で死去。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『時の橋‐小林清親私考‐』『日本の美術368 清親と明治の浮世絵』は1894年11月14日生まれとする。
  2. ^ 20世紀日本人名事典

参考文献[編集]

  • 酒井忠康 『時の橋‐小林清親私考‐』 小沢書店、1987年
  • 山梨絵美子 『日本の美術368 清親と明治の浮世絵』 至文堂、1997年
  • 上田正昭他編 『日本人名大辞典』 講談社、2001年