小林光泰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし こうたい
小林 光泰
生誕 (1858-08-12) 1858年8月12日
日本の旗 日本江戸木挽町諏訪因幡守上屋敷(現、東京都中央区銀座)
死没 1899年6月2日 41歳 
日本の旗 日本 東京府麻布区(現、東京都港区麻布)
国籍 日本の旗 日本
出身校 湯島共慣堂塾、長野県師範学校
職業 小学校教師牧師
配偶者 平岩豊子(平岩愃保)妹
子供 光(長男)、健児:医学博士

小林 光泰(こばやし こうたい、1858年8月12日安政5年7月4日) - 1899年明治32年)6月2日)は日本のメソジスト教会の牧師

男子ミッションスクールを設立するための東洋英和学校会社(小林光泰平岩愃保土屋彦六淺川廣湖の4牧師による組織)の社長[1]

女子ミッションスクールを設立するための東洋英和女学校会社の社長[1]

東洋英和女学校(後の東洋英和女学院)の設立者・初代校主(理事長)[1]

妻の豊子は平岩愃保(静岡教会4代目・6代目牧師)の妹。

生涯[編集]

初期[編集]

1858年8月12日安政5年7月4日江戸木挽町の諏訪因幡守上屋敷で父小林光信(諏訪藩士)と母ます子(高須藩士山中森京の娘)の子として生まれる[2]。幼名は泰助、後に改めて盛雄[2]

1874年(明治7年) 本郷湯島の共慣堂塾で学ぶ[2]

1875年(明治8年) 海軍会計学舎に第二位で合格するも、眼疾を患って退舎[2]

1877年(明治9年) 長野県師範学校で学び、その後岡田学校で小学校教師になる[2]

1878年(明治10年) 父の光信、死去[2]

キリスト教入信[編集]

甲府カナダ人宣教師C・S・イビーに出会い英語を学ぶ。

1878年(明治11年)12月30日 甲府教会でイビーから洗礼を受ける[2]。洗礼を受けた後、イビーを助けて伝道活動に従事する。

1882年(明治15年) 上京して牛込教会(現、日本基督教団頌栄教会)の会員になる。

1883年(明治16年)

1883年

牧師時代[編集]

1883年(明治16年) 東洋英和学校会社、カナダ・メソジスト教会の男女ミッションスクールを計画 [4]

1884年(明治17年)

  • 按手礼を受けて牧師になる。
  • 4月 牛込教会を離れる[3]
  • 9月25日 東京府知事より東洋英和女学校が設立認可される。初代校主に就任。[4]
  • 10月20日 麻布鳥居坂町14番地に東洋英和女学校を開校[4]
  • 11月1日 麻布区鳥居坂町13番地に東洋英和学校が開校[4]

1885年(明治18年) 麻布教会(鳥居坂教会)の初代専任牧師になる。築地教会(現、日本基督教団銀座教会)の牧師になる。

1887年(明治20年)5月 東洋英和女学校初代校主を退任[4]

1887年(明治20年)6月 静岡教会5代目牧師になる。

1892年(明治25年)1月9日 静岡教会が大火により焼失。

1892年(明治25年)11月12日 静岡教会を再建する。

1892年(明治25年)12月14日 大火により静岡教会を再び焼失し、また再建する。

1893年(明治26年)6月 甲府教会に8代目牧師として転任する[5]

1898年(明治31年)6月 再び麻布教会の牧師になり、牛込教会も兼任する。さらに、福音同盟会、矯風運動にも参加する。

1899年(明治32年)5月8日 麻布教会で開催された第11次年会の途中で腸チフスにかかる[6]

1899年(明治32年)6月2日 召天[6]

洗礼を授けた人[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). pp. 38-40. 
  2. ^ a b c d e f g h 鳥居坂教会百年史. 日本基督教団鳥居坂教会. (1987年11月15日). pp. 43-47. 
  3. ^ a b 日本メソヂスト牛込教会史 - 国立国会図書館デジタルコレクション”. dl.ndl.go.jp. p. 14. doi:10.11501/920485. 2019年1月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e 東洋英和女学院120年史. 東洋英和女学院. (2005年2月25日). p. 385. 
  5. ^ 『東海教区史』. 日本基督教団東海教区. (2003年5月20日). p. 421. 
  6. ^ a b 日本基督教団甲府教会百年史. 日本基督教団甲府教会. (1979年4月22日). pp. 65-72. 

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年
  • 静岡教会一二五年史』日本基督教団静岡教会、2009年7月31日
  • 『東海教区史』日本基督教団東海教区、2003年5月20日
  • 『東洋英和女学院七十年誌』創立七十周年記念刊行 東洋英和女学院 1954年12月20日座標: 北緯35度39分45.0秒 東経138度34分1.6秒 / 北緯35.662500度 東経138.567111度 / 35.662500; 138.567111
  • 『東洋英和女学院120年史』東洋英和女学院、2005年2月25日
  • 『日本基督教団甲府教会百年史』日本基督教団甲府教会、1979年4月22日
  • 『鳥居坂教会百年史』日本基督教団鳥居坂教会、1987年11月15日
  • 『日本メソヂスト牛込教会史』日本メソヂスト牛込教会、1925年10月27日