小林一郎 (建築評論家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 一郎(こばやし いちろう、1952年9月17日 - )は、日本建築評論家編集者。ガード下(鉄道高架橋)空間利用考察のパイオニア。横丁と路地の考察も手がける。淑徳大学池袋サテライトキャンパス・エクステンションセンター講師、朝日カルチャーセンター千葉講師[1]東急セミナーBE自由が丘講師。

東京都葛飾区柴又出身。東京外国語大学の日本語教育学者・小林幸江教授は従姉にあたる[2]

1975年明治大学卒。卒業後、出版社の編集を経て、1984年、土木・建築を中心とした編集プロダクション・秋耕社を設立。鹿島出版会のほかX-Knowledgeなどの雑誌で執筆、単行本制作に長年たずさわる[3]。書評歴も長く、「住宅建築」(建築資料研究社)では10年以上続けていた[4]。 この編集プロダクションでの制作を通し、社会批評の戯画風イラストやチェルノブイリ・スケッチで知られる貝原浩(1947―2005)との交流を深める[5]2010年の「ガード下学会」を経て、2012年「横丁・小径学会」を設立[6]

エピソード[編集]

定期的に「横丁・小径学会」を開催し、横丁と路地を探索(参加費用無料)。参加者は静岡県、茨城県、神奈川県、埼玉県、東京都、千葉県―—と各地域から[7]

著書[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 自転車で東京建築さんぽ 小林・寺本著 平凡社 2009年10月

電子書籍[編集]

  • ライオン看板――昭和の成熟と喪失 元木昌彦責任編集e―ノンフィクション文庫 ゼロメガ 2013年12月

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 公開講座JAPAN
  2. ^ Amazon著者略歴
  3. ^ 秋耕社ホームページ
  4. ^ 浜美枝のいつかあなたと
  5. ^ amazon著者略歴
  6. ^ 横丁・小径学会
  7. ^ 横丁・小径学会