小林一郎 (国文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 一郎(こばやし いちろう、1916年9月10日 - 2009年4月11日)は、国文学者、田山花袋研究の第一人者。東洋大学短期大学学長を務めた。群馬県桐生市生まれ。東洋大学文学部国文科卒業。

1976年、「田山花袋研究」で東洋大学文学博士。伝記的、実証的研究によって田山花袋研究の基礎を作った。館林市田山花袋記念館顧問。2009年4月11日、心臓疾患のため92歳で死去。

編著書[編集]

  • 田山花袋 「田舎教師」モデルの日記所収 アサヒ社 1963
  • 近代文学のあらまし 日本文学の心情 愛育出版 1966
  • 近代作家の精神風土 教育出版センター 1973
  • 田山花袋研究 館林時代 桜楓社 1976
  • 田山花袋研究 博文館時代 1-3 桜楓社 1978-1980
  • 川端康成研究 東洋的な世界 明治書院 1982
  • 日本の作家 10 田山花袋 自然主義作家 新典社 1982
  • 田山花袋研究 年譜・索引篇 桜楓社 1984
  • 近代文学のあらまし 大正編 愛育出版 1986
  • 島崎藤村研究 教育出版センター 1986
  • 太宰文学の光と影 右文書院 1987
  • 夏目漱石の研究 至文堂 1989
  • 日本文学の心情と理念 明治書院 1989
  • もう一つの明治の青春 西萩花遺稿集[編] 教育出版センター 1992
  • 『蒲団』をめぐる書簡集 館林市田山花袋記念館、1993