小林一光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし いっこう
小林 一光
生誕 (1965-12-28) 1965年12月28日(53歳)
国籍 日本
出身校 早稲田大学 教育学部
職業 経営者、教育者、講演家、講師、コンサルタント
公式サイト 株式会社アイ・タッグ
株式会社アスリート・エージェント

小林 一光(こばやし いっこう、1965年 - )は、日本の経営者、教育者、講演家、講師、コンサルタント。株式会社アイ・タッグ代表取締役、株式会社アーシャルデザイン取締役、日産鮎川義塾講師。元プルデンシャル生命保険株式会社 エグゼクティブライフプランナー、営業所長、支社長。

経歴[編集]

生い立[編集]

東京都荒川区出身。早稲田大学卒、4年間ラグビー部に所属。大学4年次、同志社大学に勝って大学選手権優勝。その後社会人東芝府中(現東芝)にも勝ち日本一に輝く。[1]

JTB入社[編集]

1987年、大学卒業後に株式会社日本交通公社(現 株式会社ジェイティービー)に入社。神田支店に勤務し、主に一般団体の営業を担当。支店の記録を次々に塗り替え、不動のトップ営業マンの地位を確立。1992年度グループリーダーに昇格し、小林グループを率いる。

プルデンシャル生命保険株式会社[編集]

1994年、プルデンシャル生命保険株式会社に入社。入社後わずか5年で、同社の営業マンの最高位であるエグゼクティブライフプランナーに認定。2002年に営業マンとして売上成績日本一、 2005年に営業マネージャーとしてチームを業績日本一に導く。トップ営業マンにしてトップ営業マネージャーという偉業を達成。2007年に支社長に就任。2009年に独立。

会社設立[編集]

2010年、株式会社アイ・タッグを設立、代表取締役に就任(現任)。顧問先企業において人材育成や組織開発のほか、経営者や個人事業主などの個人コーチ、また講演・セミナーや執筆活動などを中心に幅広く活躍。業種を問わずほぼ関わるすべての企業や個人を増収増益に導き、飛躍的に成長させていることが高く評価されている。 2013年、全国TSUTAYA各店において営業系では初のDVDレンタル開始。

日産鮎川事業哲学との出会い[編集]

2011年、師匠となる徳山暉純先生と出会い、東洋思想やインド哲学に加え、日産コンツェルンの創業者・鮎川義介氏による道徳と経済を融合した「日産鮎川事業哲学」を学ぶ。その教えを体現し活躍する人物として、その実績が認められ、現在は日産鮎川義塾講師を任命され「空」「都田道場」などの講座を担当。

アスリートのセカンドキャリアとファーストキャリア支援への取り組み[編集]

2014年、「アスリートは、スポーツを通じて厳しい人間教育を受けた優秀な人材」という考えのもと、多くの体育会学生や、元プロアスリートや社会人アスリートのセカンドキャリアをサポートするために、彼らを教育し就職を支援する事業「アスリートエージェント」の設立に参画。

2015年、アスリートエージェントの運営会社である株式会社アーシャルデザインの取締役に就任。[2]

2016年、JリーグFC町田ゼルビア運営会社である(株)ゼルビアの取締役に就任

書籍[編集]

雑誌・新聞[編集]

  • 「第4回 顧客と信頼関係を築くためのコミュニケーション 後編」 アジアエックス 2016年8月1日号 MEDIA JAPAN
  • 「第3回 顧客と信頼関係を築くためのコミュニケーション 前編」 アジアエックス 2016年6月6日号 MEDIA JAPAN
  • 「第2回 選ばれる営業が持つべき4つの自信」 アジアエックス 2016年4月4日号 MEDIA JAPAN
  • 「第1回 今の時代、売り込む営業は通用しない!」 アジアエックス 2016年1月18日号 MEDIA JAPAN
  • 「二十代をどう生きるか」 月刊致知 2015年9月号 致知出版社
  • 「セールスプロフェッショナルに学ぶ 売り込まないで売る会話術」「仕事に使える!聞く力の極意(TJMOOK)』 2015年6月15日 宝島社
  • 「日本を変える最強の人脈 ラグビー編」週刊AERA 2015年6月1日24号 朝日新聞出版
  • 「第2回スポーツ・セカンドキャリア・シンポジウム ~プロ野球選手達の実りある第二の人生とは~」 週刊ベースボール 2015年1月5&12日号 ベースボール・マガジン社
  • 「自らの使命に向かってぶれずに生きる。それが一番幸せな生き方~世界トップ営業マンへの道~」 月刊致知 2014年5月号 致知出版社
  • 「スポーツ・セカンドキャリア・シンポジウム ~プロ野球選手たちの第二の人生を取り巻く環境とこれから~」 スポーツゴジラ 2014年第24号 スポーツネットワークジャパン
  • 「朝型人間vs夜型人間 自分史上最高の仕事をするコツ」 プレジデント 2014年 2/3号 プレジデント社
  • 「スポーツ・セカンドキャリア・シンポジウム ~プロ野球選手たちの第二の人生を取り巻く環境とこれから~」 週刊ベースボール 2013年1月6日&13日号 ベースボール・マガジン社
  • 「チームのやる気を上げて結果を出す」 商業界 2012年6月特大号 株式会社商業界
  • 日本経済新聞 2012年2月4日 日本経済新聞社
  • 「狩猟(飛び込み)よりも農耕(信頼)が営業のカギ!」 週刊SPA! 2011年11月22日29日合併号 株式会社扶桑社
  • 「先は“自分の中”にある!自分ならどうされたいかを考えれば答えは出る」 月刊BIG tomorrow 2011年8月号 青春出版社

脚注[編集]

  1. ^ WASEDA RUGBY 早稲田大学ラグビー蹴球部
  2. ^ 株式会社アイ・タッグ アスリートエージェント
  3. ^ http://www.asuka-g.co.jp/noteworthy_person/005153.html
  4. ^ http://www.daiwashobo.co.jp/book/b109670.html
  5. ^ http://www.chukei.co.jp/business/detail.php?id=9784046027474
  6. ^ http://www.subarusya.jp/book/b167199.html
  7. ^ http://www.asuka-g.co.jp/noteworthy_person/005153.html
  8. ^ http://www.sbcr.jp/products/4797360981.html
  9. ^ http://www.forestpub.co.jp/smp/books-detail.cfm?ItemCode=B-1420

外部リンク[編集]