小川れい子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小林れい子から転送)
移動先: 案内検索

小川 れい子(おがわ れいこ、旧姓:小林、1961年1月15日 - )は、広島県呉市出身の元フィギュアスケート選手(女子シングル[1]

経歴[編集]

7歳からスケートをはじめ、呉市立白岳小学時から広島フィギュアクラブに所属[1]。同級の無良隆志も同クラブに所属[1]。中学から大阪豊中市梅花中学校にスケート留学し、梅花高等学校卒業後は同志社大学に入学し、同大学を卒業した。

渡部絵美と同じ1972年にデビューし、全日本フィギュアスケートジュニア選手権2位。1976年から1979年まで全日本選手権で連続4年2位となる。1977年、第一人者の渡部絵美が世界フィギュアスケート選手権出場のため欠場した国体を楽勝で初優勝した[1]。同年8月フランスサンジェルヴェ国際グランプリで国際大会初優勝。翌1978年は国体を連覇。1979年から3シーズン世界フィギュアスケート選手権日本代表となった。渡部の引退後の1980年12月、全日本選手権で念願の初優勝。

競技引退後は全日本コーチを経て、一時は審判員として活動し日本スケート連盟のフィギュア強化副部長を務めたこともあったが、現在はコーチとして復帰し佐藤信夫らのアシスタントをしている。

主な戦績[編集]

大会/年 1972-73 1973-74 1974-75 1975-76 1976-77 1977-78 1978-79 1979-80 1980-81
世界選手権 20 21 17
全日本選手権 2.J 3 2 2 2 2 1
NHK杯 11
サンジェルヴェ国際グランプリ 1
ネーベルホルン杯 1

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 河野徳男『広島スポーツ史』 財団法人広島県体育協会、1984年、p495-498

外部リンク[編集]