小林が可愛すぎてツライっ!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小林が可愛すぎてツライっ
ジャンル 少女漫画恋愛漫画学園漫画
漫画
作者 池山田剛
出版社 小学館
掲載誌 Sho-Comi
レーベル 少コミフラワーコミックス
発表期間 2012年第18号 -
テンプレート - ノート

小林が可愛すぎてツライっ!!』(こばやしがかわいすぎてツライっ!!)は、池山田剛による日本漫画作品。『Sho-Comi』(小学館)にて、2012年18号から連載中。単行本の発行部数は200万部を突破している。

概要[編集]

サブタイトルは「LOVE×LOVE×LOVE」。

池山田が『Sho-Comi』でデビューしてから第6作目の連載作品。

作者が「ライトノベルっぽいタイトルに憧れた」という思いから、「小林が可愛すぎてツライっ!!」の他に「べ、別に小林なんて好きじゃないんだからねっ!!(>_<)」「小林が可愛すぎてワロタ」などのタイトル候補もあったという[1]。 また、自身が新人の頃に読み切り用に考えたストーリー(ネタ)が元となっており、ずっと描きたかった要素を取り込んだとも語っている[2]

本作に登場するキャラクター戦国武将の名前を捩ったものであり[3]、たとえば主人公の小林愛と小林十は、伊達政宗正室愛姫(めごひめ)、家臣小十郎にそれぞれ因んで付けられた名前である。

ストーリー[編集]

ある日、双子の兄・小林十から「オレの代わりにテストを受けてくれ」と頼まれた小林愛。断ったものの、十は勝手に愛の制服を着て愛の学校へと登校してしまう。

仕方なく十に変装して十の学校へ行った愛は、偶然街で出会った真田蒼と再会する。そして十もまた愛の学校で徳川梓にイジメられていたところを助けた竹中紫乃に惹かれてしまった。2人は変装した先で同時に恋をすることになる。

そんな中、蒼と梓に入れ替わりがばれてしまい、恋愛模様が変わっていく。

登場人物[編集]

小林愛(こばやし めぐむ)
声 - 藤村歩(アニメ)[4] / 高垣彩陽(ゲーム)
本作の主人公通称は「めご」。高校1年生。十の双子の妹。
戦国武将のゲームが大好きないわゆる「オタク」。消極的な性格だが、仲の良い友人が2人いる。
偶然街で助けてもらった真田蒼にキスをしてしまう。その後、十の勝手で仕方なく潜入した明智学園男子高等学校で蒼と再会し、彼に惹かれはじめる。
小林十(こばやし みつる)
声 - 藤村歩[4](アニメ)/ 高垣彩陽(ゲーム)
本作の主人公。めごの双子の兄で、明智学園に通っている。
めごとは正反対な性格で何にでも積極的。剣道部に所属しており、スポーツ万能で女子からもモテている。苦手な歴史のテストを代わりに受けてほしいと無理矢理めごと入れ替わり、めごの学校へと通うことに。そこで紫乃を助けたことがきっかけで初めて本当の恋愛感情を知ることになる。
梓に対しては最初は意地の悪い女としか認識していなかったが、彼女とも接していくうちに徐々に打ち解けていく。
紫乃に両思いの相手がいることを知った後は彼女の恋を応援して失恋した。その後は大切な友人として接すようになっている。
真田蒼(さなだ あおい)
声 - 小野大輔[4](アニメ・ゲーム共通)
十と同じ明智学園に通う、高校2年生の男の子で学園で1番強い。
謎の多い男の子で、右目にはいつも眼帯をしている。他の生徒に追われ逃げて来ためごと屋上で再会した。女子が苦手で近づけないが、めごが変装していたことを知った後、彼女と付き合い始める。めご曰く、「ラベンダーの香りがする人」。
徳川梓(とくがわ あずさ)
声 - 浅倉杏美[4](アニメ)/ 芹澤優(ゲーム)
めごが通う学校の理事長の娘で、雑誌「エイティーン」のモデルでもある美少女。
表で見せる天使のような笑顔とは裏腹に取り巻きと一緒に紫乃にイジメをしていた。十がめごに変装していたことを知ってしまい、それがきっかけで彼への恋心を自覚する。紫乃を敵視していたことには何らかの理由がある様子で兄の蒼とも面識がある。
竹中紫乃(たけなか しの)
めごと同じ学校に通う女の子。蒼の妹。
耳が聴こえず話すこともできないが、手話を使った会話はできる。また、口の動きを読むことで、相手の言葉も少し分かる。梓にイジメられているところを変装した十に助けられ、親しくなる。前の学校で勉強を教えてくれた石田光司という大学生の教育実習生が好きで十の後押しで彼と付き合うことになる。夢は小説家
上杉知永(うえすぎ ちはる)
声 - 蒼井翔太(ゲーム)
蒼に敵意を持っている少年。明智学園に転入してきた。蒼を本気にさせる為にめごを利用しようとするが…。

OVA[編集]

2013年7月26日発売第3巻特装版DVDにOVAが同梱[5]。連載から1年足らずでのアニメ化となる。

スタッフ[編集]

  • 監督・演出 - 浅見松雄
  • キャラクターデザイン・作画監督 - 大河原晴男
  • 色彩設定 - 植木義則
  • 美術監督 - Bic Studio
  • 撮影監督 - 廣鼻力也
  • 音響監督 - 神戸コータ
  • 音楽 - e-Berry
  • 音響効果 - スワラ・プロ
  • 音響制作 - バディ
  • エグゼクティブプロデューサー - 荻原綾乃(小学館)、伊藤靖浩(Softgarage
  • プロデューサー - 庄子昴平(小学館)、西潟崇、中村正雄(Softgarage)
  • 制作協力 - Softgarage
  • 製作 - 小学館 Sho-Comi 編集部

ゲームソフト[編集]

小林が可愛すぎてツライっ!!ゲームでもキュン萌えMAXが止まらないっ (*ェ`*)[6]
ニンテンドー3DS用ソフトとして2015年8月27日ハピネットから発売予定。ゲームオリジナルキャラとして、エリオ・ファルコーネ(声 - 鈴木達央)が登場する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「小林が可愛すぎてツライっ!!第1話 」(2012年9月24日閲覧)
  2. ^ Sho-Comi漫画家情報「2012年8月20日」(2012年9月24日閲覧)
  3. ^ 「コバカワ!!キャラ紹介②」(2012年9月24日閲覧)
  4. ^ a b c d 「こばかわ」3巻OADに小野大輔、藤村歩、浅倉杏美が出演”. コミックナタリー. 2013年7月20日閲覧。
  5. ^ 池山田剛「小林が可愛すぎてツライっ!!」特装版でアニメ化コミックナタリー 2013年6月5日
  6. ^ 顔文字も含めて、正式タイトルである。

外部リンク[編集]