小松英一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小松 英一郎(こまつ えいいちろう、1974年 - )は、日本の物理学者テキサス大学教授。専門は、観測的宇宙論。博士(理学)東北大学、2001年)。

人物[編集]

兵庫県宝塚市出身。兵庫県立宝塚西高等学校卒業。東北大学において二間瀬敏史に師事。修士課程修了後にプリンストン大学のDavid Spergelのもとに滞在[1]し、宇宙マイクロ波背景放射観測衛星WMAPのプロジェクトに参画[2]。主要メンバーとして活躍。特に宇宙マイクロ波背景放射の観測結果により、宇宙論パラメーターがどの範囲に収まるのかという、現代宇宙論にとって最重要課題の一つである論文を発表する[3]。その他、宇宙初期の非ガウス性、バリオン音響振動など観測的宇宙論に関する幅広い研究を精力的に進めている。

最多引用論文[編集]

トムソン・ロイターの発表によると、2007年、2009年、2011年に最多引用論文で小松の論文が世界1位を獲得している。[4]

略歴[編集]

  • 1985年:小学校5年生の時に見た天文図鑑にのっていた,オリオン座の大星雲M42の大きなカラー写真で天体に興味を持つ。
  • 1997年3月:東北大学理学部物理学科卒業
  • 1999年3月:東北大学大学院理学研究科天文学専攻修士課程修了
  • 1999年9月:プリンストン大学 Visiting Student Research Collaborator
  • 2000年9月:プリンストン高等研究所 Visiting Member
  • 2001年9月:東北大学大学院理学研究科天文学専攻博士後期課程修了
  • 2001年10月:プリンストン大学 WMAP Postdoctoral Research Fellow
  • 2003年9月:テキサス大学助教授 (Assistant Professor)
  • 2008年2月:数物連携宇宙研究機構客員科学研究員
  • 2008年9月:テキサス大学准教授 (Associate Professor)
  • 2009年1月:テキサス大学Cosmology Center所長
  • 2010年9月:テキサス大学教授(2012年10月現在退任)
  • 2012年1月:マックス・プランク研究所(天文学)所長
  • 2012年10月現在、東京大学高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(IPMU)上級科学研究員[5]

主な受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 天文月報, 第95巻 110-111 (2002).
  2. ^ 天文月報, 第98巻 107-114; 182-191 (2005).
  3. ^ Astrophys.J.Suppl. 148 (2003) 119-134; Astrophys.J.Suppl. 180 (2009) 330-376; Astrophys.J.Suppl. 192 (2011) 18.
  4. ^ トムソン・ロイター、2011年の世界で最も注目を集めた研究者などを発表
  5. ^ Leading Edge 科学の最前線からNewton 2012年10月号

外部リンク[編集]