小松神社 (交野市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小松神社
星田妙見宮
所在地 大阪府交野市星田9-60-1
位置 北緯34度45分34.1秒
東経135度40分42.9秒
主祭神 天之御中主大神
社格 星田神社摂社
テンプレートを表示

小松神社(こまつじんじゃ)は大阪府交野市星田に鎮座する神社である。正式名は小松神社である。別名は星田妙見宮(ほしだみょうけんぐう)。

天之御中主大神を主祭神とし、高皇産霊大神神皇産霊大神を祀る。祭神は、江戸時代までは、仏教では北辰妙見大菩薩陰陽道では太上神仙鎮宅霊符神であるとされた。

由来[編集]

生駒山系に残る数少ない岩座信仰の霊場のひとつである。

伝承によれば、平安時代嵯峨天皇の弘仁年間(810 – 823)に、弘法大師が交野に来たおり、天上より七曜の星が降り、それが地に落ちた三ケ所のうちのひとつがこの地であるという。平安時代には「神禅寺」と称されており、河内長野の天野山 金剛寺の古文書には、「嘉承元年(1106年9月23日 星田神禅寺」との記載がある。明治39年11月、住吉三神を祀る星田神社の境外摂社とされた。

祭日[編集]

アクセス[編集]

外部リンク[編集]