小松山与三松

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松山 与三松(こまつやま よさまつ、本名:本田 与三松(ほんだ よさまつ、旧姓:太田)、慶応3年12月14日1868年1月8日) - 大正6年(1917年5月17日)は、加賀国能美郡(現在の石川県小松市)出身の明治期の元大相撲力士。身長175cm、体重90kg。最高位は西前頭2枚目。八角部屋所属。養女の夫は元小結鶴ヶ濱(13代玉垣)。

略歴[編集]

  • 1889年1月 八角部屋(師匠:元大関大鳴門灘右衛門)から幕下から初土俵。
  • 1893年1月 十両に昇進。翌5月新入幕。
  • 1904年5月 引退し年寄浦風を襲名。

主な成績[編集]

  • 幕内戦績:59勝96敗21分9預45休(23場所)
  • 金星:1個(1897年5月場所、小錦から)

関連項目[編集]