小松屋百亀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小松屋 百亀(こまつや ひゃっき、享保5年〈1720年〉 - 寛政5年12月9日1794年1月10日〉)とは、江戸時代中期の戯作者浮世絵師

来歴[編集]

姓は小松、通称は三右衛門。小松軒、不知足山人(散人とも)、和気春画(わけのはるえ)、百亀と号す。大田南畝の著『奴凧』によれば元飯田町(現在の東京都千代田区富士見一丁目および九段北一丁目)に住み薬屋を営んでいた人物で、剃髪して百亀と名乗る。若い頃より春画を好み、西川祐信の描いた絵本や春画を集め、自らも春画を描いた。また落し噺の本も多く著し、中でも『聞上手』(安永2年〈1773年〉刊行)という本が大いにはやったという。便秘薬「文武丸」を売り出し、その効能書きの版下を南畝が書いたとも記す。

安永3年(1774年)3月には牛込光恵寺で催された「宝合」という会に、和気春画の名で参加している。『蜀山人判取帳』には百亀自筆の文と自画像が収められており、それには「天明三卯七ツの日」(天明3年〈1783年〉4月7日)という日付と「小松百亀六十四才書」の署名がある。絵については師系不明、明和の初め頃に絵暦摺物を小松軒の名で手がける。鈴木春信らとともに多色の絵暦を製作したことにより、錦絵の誕生に多大な貢献をしている。享年74。墓所は小石川の善仁寺(または大雲寺とも)[1]、戒名は萬暦院円資百亀居士。

作品[編集]

  • 艶道俗説辨』 風俗本 ※「己丑」(明和6年)の序文あり
  • 『古今枕大全』 艶本 ※明和年間
  • 『聞上手』 噺本 安永2年刊行
  • 「酒呑童子」 中判 絵暦、明和2年
  • 「朝鮮人乗馬の図」 中判 絵暦、明和2年
  • 「桜花に雉」 中判 絵暦、明和2年
  • 遊女と禿」 中判 絵暦、明和3年
  • 「楊貴妃」 中判 絵暦、明和3年
  • 「大江山」 絵暦

脚注[編集]

  1. ^ 百亀の墓所は『狂歌人名辞書』(狩野快庵、1928年)に「小石川大雄寺に葬る」とあり、『原色浮世絵大百科事典』第3巻も「小石川大雄寺に葬らる」としているが、小石川には「大雄寺」という寺は無い。『掃墓史料 画家之部』の「駒込并ニ小石川」の項には百亀について、「小松屋百亀 称三右衛門 寛政五年十二月九日 萬暦院円資百亀居士 善仁寺」とあり、また『見ぬ世の友名人目録 東京の部』にも百亀の墓所を「小石川善仁寺」と記す(14コマ目)。『墓所一覧表』は墓所を「小石川大雲寺」とする(87コマ目、105コマ目)。善仁寺と大雲寺はいずれも小石川にある(善仁寺大雲寺)。ただし『蜀山人判取帳』の複製本(米山堂、1931年)巻末の解説には「墓所は不明の由」と記す。

参考文献[編集]

  • 山口豊山編 『掃墓史料 画家之部』 ※国立国会図書館デジタルコレクションに本文あり。小松屋百亀の名は24コマ目に見える。
  • 浜田義一郎 「蜀山人判取帳」補正〈翻刻〉 『大妻女子大学文学部紀要』第2号 大妻女子大学、1970年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第3巻) 大修館書店、1982年 ※112 - 118頁
  • 中野三敏・日野龍男・揖斐高校注 『寝惚先生文集 狂歌才蔵集 四方のあか』〈『新日本古典文学大系』84〉 岩波書店、1993年 ※『奴凧』所収
  • 松田高行・山本陽史・和田博道 「略註『たから合の記』」 延廣眞治編『江戸の文事』 ぺりかん社、2000年