小松寺 (小牧市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小松寺
Komatsu temple.JPG
本堂
所在地 愛知県小牧市大字小松寺1121
位置 北緯35度18分39.94秒
東経136度56分49.91秒
山号 愛藤山
宗派 真言宗智山派
本尊 千手観世音菩薩
創建年 伝・天平勝宝年間(729年~749年頃)
開基 伝・行基
別称 小松観音
札所等 小牧十観音1番札所、尾張西国三十三観音7番札所
文化財 本堂、絹本着色千手観音菩薩像、銅製釣灯籠
法人番号 7180005008444
テンプレートを表示
山門

小松寺(こまつじ)は、愛知県小牧市にある真言宗智山派寺院で、山号は愛藤山。小牧十観音第一番札所であり、かつ尾張西国三十三観音第七番札所でもある。八所社・熊野社合殿が隣接する。

歴史[編集]

創建は天平勝宝年間(8世紀中頃)。行基菩薩によってであると伝えられている。承安3年(1173年)に、一帯を荘園として所有していた平重盛が建物を改築。領地を与えたことから、彼の別称である「小松殿」(または「小松内大臣」)から取って、「小松寺」と称するようになった。しかし承久3年(1221年)に起こった承久の乱で寺院は焼失。以後約250年間に渡って廃寺となっていた。

再興されたのは文明年間15世紀後半)。全慶僧侶によってであると伝えられている。しかし天正12年(1584年)に起こった小牧・長久手の戦いで、小松寺周辺には豊臣方小松寺砦)が築づかれた。豊臣方は撤退する際寺にを付け、建物や宝物などが焼失。 その後文禄4年(1595年)に豊臣秀吉から領地を与えられ、再々度再建された。

その後元和7年(1621年)には、徳川義直から領地を与えられている。


年表

所蔵品・文化財[編集]

交通機関[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 小松寺本堂”. 小牧市. 2013年5月28日閲覧。
  2. ^ 小松寺”. 小牧市. 2013年5月28日閲覧。
  3. ^ 絹本着色千手観音菩薩像”. 小牧市. 2013年5月28日閲覧。
  4. ^ 銅製釣灯籠”. 小牧市. 2013年5月28日閲覧。

関連書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]