小松孝英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松孝英
小松 孝英.jpg
基本情報
生誕 (1979-11-18) 1979年11月18日(41歳)
出身地 日本の旗 日本 宮崎県延岡市
学歴 専門学校九州デザイナー学院卒業
公式サイト takahide komatsu web site

小松 孝英(こまつ たかひで、1979年 - )は宮崎県延岡市出身の美術家。総合化学企業に勤務する研究者であった父親の転勤に伴い、少年時代を宮崎県、静岡県、岡山県で過ごす。

幼少より絵を描き始め、専門学校九州デザイナー学院アーティスト学科を卒業後に美術家としてデビュー。

20代の頃より国内・海外で個展・グループ展、アートフェアにも多数出品する。

代表的なモチーフは蝶。釣りと昆虫採集を好み、身近な外来種など生態系をテーマに制作に取り組んでいる。

2010年に国連のCOP10生物多様性条約第10回締約国会議に特別展示され、国連生物多様性条約記念ミュージアムに作品「外来種群蝶図」がコレクションされた。

出身地である延岡市の市制施行80周年記念として市役所新庁舎に10メートルの作品「延岡城址群蝶図」を制作しパブリックコレクションされている。[1]

2019年に延岡観光大使として任命される。[2]

2020年の第35回国民文化祭・第20回全国障害者芸術文化祭みやざき大会の先駆けプログラム「南郷大島ミュージアム」の総合プロデューサーを務めた。[3]

曽祖叔父は備後福山藩出身の日本画家・羽田桂舟。

主な展覧会[編集]

  • 2006 ART SHANGHAI 2006(上海)
  • 2007 New Talent From Japan/Caelum Gallery(ニューヨーク)[4]
  • 2008,2011 個展 TEZUKAYAMA GALLERY(大阪)[5]
  • 2009 個展「coexistence」Gallery forty-seven(ロンドン)
  • 2010,2011,2015,2017,2019アートフェア東京(国際フォーラム)※2017,2019は個展
  • 2009 Korea International Art Fair(ソウル)
  • 2011,2014, ART台北/ART台中/ART台南/ART高雄(台湾)
  • 2011 個展 ギャラリーアートリエ(福岡市文化芸術振興財団主催)
  • 2011 個展,2012,2015,2018 FINE ART ASIA(香港)
  • 2013,2014,2015,2017,2019 個展 みぞえ画廊(福岡、東京)
  • 2013,2016,2017,2018 Asia Contemporary Art Show(香港)
  • 2013,2014,2015 Affordable Art Fair Singapore(シンガポール)
  • 2015,2019Affordable Art Fair Brussels(ブリュッセル)
  • 2015 NEW CITY ART FAIR NY(ニューヨーク)
  • 2015,2017,2018 Art Expo Malaysia Plus(クアラルンプール)
  • 2016 個展「Homage to Korin」Fabrik Gallery(香港)[6]
  • 2016 Japanese Contemporary Art Show 2016(マニラ)
  • 2017 個展 マスダ画廊(豊前)[7]
  • 2017 ART STAGE JAKARTA 2017(ジャカルタ)
  • 2018 ART STAGE SINGAPORE 2018(シンガポール)
  • 2018 ART CENTRAL HONG KONG 2018(香港)
  • 2019 SMBC信託銀行ART BRANCH(東京)[8]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]