小松原美里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小松原 美里
Misato KOMATSUBARA
Japanese figure skater pictogram.png
2018 Rostelecom Cup Misato Komatsubara Tim Koleto 2018-11-16 16-57-15 (2).jpg
2018年ロステレコム杯での
小松原美里(左)とティム・コレト(右)
選手情報
生年月日 (1992-07-28) 1992年7月28日(28歳)
代表国 日本の旗 日本
イタリアの旗 イタリア
出生地 東京都の旗 東京都
出身地 岡山県の旗 岡山県
身長 161 cm
血液型 B
趣味 写真NetflixSpotify言語習得読書音楽鑑賞ネイルヴィーガンレストラン探し
学歴 岡山学芸館高校法政大学中退
パートナー ティム・コレト
元パートナー アンドレア・ファッブリ
水谷心
辻馨
コーチ マリー=フランス・デュブレイユ
パトリス・ローゾン
ロマン・アグノエル
パスカル・デニス
元コーチ バーバラ・フーザル=ポリ
ステファノ・カルーゾ
有川梨絵
渡辺心
振付師 マリー=フランス・デュブレイユ
ロマン・アグノエル
元振付師 クリストファー・ディーン
コッラード・ジョルダーニ
ナタリア・リニチュク
所属クラブ 倉敷FSC
練習拠点 岡山県
元練習拠点 ミラノモントリオール
週間練習時間 15
開始 2002
ISUサイト バイオグラフィ
プログラム使用曲
リズムダンス ブルース:Dreamgirls
スウィング:One Night Only
ディスコ:I Meant You No Harm/Jimmy’s Rap
ディスコ:Jimmy Got Soul
フリーダンス Une histoire d'amour
No Title
Une histoire d'amour by Francis Lai performed
ISU パーソナルベストスコア
アイスダンス 167.81 2021 世界選手権
リズムダンス 68.02 2021 世界選手権
フリーダンス 100.82 2021 世界国別対抗戦
 
大会成績
国際スケート連盟主催大会 1 2 3
世界国別対抗戦 0 1 1
合計数 0 1 1
国内大会 1 2 3
イタリア選手権 0 0 2
全日本選手権 2 1 1
全日本ジュニア選手権 3 0 0
フィギュアスケート
主要な国際競技会
世界国別対抗戦
2019 福岡 団体
2021 大阪 団体
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

小松原 美里(こまつばら みさと、1992年7月28日 - )は、日本東京都出生、岡山県出身、女性フィギュアスケート選手(アイスダンス)。パートナーは夫のティム・コレトアンドレア・ファッブリ水谷心、辻馨。アンドレア・ファッブリとカップルを組んでいた時は、イタリア所属で競技していた(他のパートナーとは日本所属)。2015年ババリアンオープン優勝。

人物[編集]

2017年1月23日にパートナーのティム・コレトと結婚した[1]。ヴィーガンである[2]

経歴[編集]

2015年欧州選手権の小松原美里(右)とアンドレア・ファッブリ(左)

岡山学芸館高等学校卒業。法政大学中退。

2009-2010シーズン、水谷心とカップルを組み、全日本ジュニア選手権で初優勝する。2010-11シーズン、全日本ジュニア選手権で2連覇し、世界ジュニア選手権の出場が決定した。日本人アイスダンスカップルの世界ジュニア選手権への派遣は、12年ぶりである。2011-2012シーズン、辻馨とカップルを組み直して挑んだ全日本ジュニア選手権で3連覇を果たす。

2014-2015シーズンより、アンドレア・ファッブリとのカップルでイタリア代表として国際大会に出場。サンタクロース杯では3位に入賞し、国際大会ではじめて表彰台に立った。イタリア選手権でも日本人初となる銅メダルを獲得した。欧州選手権ではSDのリフトで転倒があり、FDへの進出にはならなかった。ババリアンオープンではシニアの国際大会初優勝。

2015-2016シーズンでは、初戦ロンバルディア杯で銅メダル。サンタクロース杯ISUチャレンジャーシリーズアイスチャレンジ共に銀メダルを獲得。CSで初めてのメダル獲得である。世界選手権のミニマムポイントSD、FD共に獲得。イタリア選手権では日本人初2度目の銅メダル獲得。欧州選手権では、0.61ポイント差でFDへの進出にはならなかった。

2016年4月、ファッブリとのカップルを解消した[3]。5月、アメリカ人のティム・コレトとのカップルを結成。4シーズンぶりに日本に所属を戻し競技をおこなう。

2017-2018シーズン終了後、コーチをマリー=フランス・デュブレイユパトリス・ローゾンロマン・アグノエルに変更し、カナダモントリオールに練習拠点を移した[4]

2018-19シーズンでは、チャレンジャーシリーズのアジアンオープントロフィー銅メダル。続く、同シリーズ戦、USインターナショナルクラシックでも銅メダルを獲得。グランプリシリーズは、ロシア開催のロステレコムカップ、日本開催のNHK杯に出場。グランプリシリーズ二戦出場は初。全日本選手権では、初優勝を果たし、四大陸選手権と世界選手権代表に選出される。自国開催の世界選手権では、0.1ポイント以下の差でFD進出にならなかった。シーズン最終戦の世界国別対抗戦では、宇野昌磨、田中刑事、紀平梨花、坂本花織、三浦璃来、市橋翔哉、ティムコレトと出場。小松原は、日本チームのキャプテンを務め、銀メダルを獲得した。

2019-20シーズンでは、夏の練習中に相次いだ脳震盪、頭部外傷、外傷性頸部症候群によりリハビリテーションをしていたため、予定していたチャレンジャーシリーズのオータムクラシックを棄権。チャレンジャーシリーズ後半のアジアンオープントロフィー、グランプリシリーズのカップオブチャイナで復帰を果たすも、症状をぶり返し再度リハビリテーションの為、NHK杯を棄権した。その後、12月に行われた全日本選手権では、二連覇を果たす。

主な戦績[編集]

  • 2010-2011シーズンまでは水谷心とのカップル(日本所属)
  • 2012-2013シーズンまでは辻馨とのカップル(日本所属)
  • 2014-2015シーズンからはアンドレア・ファッブリとのカップル(イタリア所属)
  • 2016-2017シーズンからはティム・コレトとのカップル(日本所属)
国際大会(シニア)
大会/年 2009
-10
2010
-11
2011
-12
2012
-13
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
2020
-21
世界選手権 21 中止[5] 19
四大陸選手権 10 9 11
欧州選手権 23 21
GP NHK杯 10 8 WD[6] 1
GP ロステレコム杯 8
GP 中国杯 10
CSアジアフィギュア杯 3 9
CSネペラ杯 6
CS USクラシック 3
CSロンバルディア杯 3 8
CSオータムクラシック WD[7]
CSアイスチャレンジ 5 2
CSデンスタ杯 4
ネスレ杯 4
サンタクロース杯 3 2
ババリアンオープン 1
国内大会
イタリア選手権 3 3
全日本選手権 4 3 2 1 1 1
全日本Jr.選手権 1 1 1
団体戦
国別対抗戦 2
(団体)
3
(団体)
国際大会(ジュニア)
世界Jr.選手権 14
JGP SBC杯 11
JGP B.シュベルター杯 15
モンブラントロフィー 5 J
ババリアンオープン 5 J

詳細[編集]

2020-2021 シーズン
開催日 大会名 RD FD 結果
2021年4月15日-18日 2021年世界フィギュアスケート国別対抗戦大阪 5
66.42
5
100.82
3
団体
(167.24)
2021年3月22日-28日 2021年世界フィギュアスケート選手権
ストックホルム
18
68.02
20
99.79
19
167.81
2020年12月24日-27日 第89回全日本フィギュアスケート選手権長野 1
71.74
1
103.49
1
175.23
2020年11月27日-29日 2020年NHK杯国際フィギュアスケート競技大会門真 1
70.76
1
108.29
1
179.05
2019-2020 シーズン
開催日 大会名 RD FD 結果
2020年3月16日-22日 2020年世界フィギュアスケート選手権モントリオール  
 
 
 
 
中止
2020年2月4日-9日 2020年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 11
61.45
10
95.75
11
157.20
2019年12月19日-22日 第88回全日本フィギュアスケート選手権東京 1
63.79
1
99.52
1
163.31
2019年11月8日-10日 ISUグランプリシリーズ 中国杯重慶 10
56.60
10
88.75
10
145.35
2019年10月30日-11月3日 ISUチャレンジャーシリーズ アジアフィギュア杯東莞 9
55.39
9
86.70
9
142.09
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 RD FD 結果
2019年4月11日-14日 2019年世界フィギュアスケート国別対抗戦福岡 6
60.93
6
99.31
2
(団体)
160.94
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 21
60.98
- 21
60.98
2019年2月5日-10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 9
54.94
9
94.20
9
149.14
2018年12月20日-24日 第87回全日本フィギュアスケート選手権門真 1
52.21
1
100.39
1
152.60
2018年11月16日-18日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 8
52.99
8
90.29
8
143.28
2018年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ NHK杯広島 9
59.40
8
94.87
8
154.27
2018年9月12日-16日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 4
53.42
3
89.51
3
142.93
2018年8月1日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ アジアフィギュア杯バンコク 3
61.28
2
93.47
3
154.75
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2018年1月30日-2月3日 2018年メンタートルン杯トルン 4
58.90
4
88.96
4
147.86
2018年1月22日-28日 2018年四大陸フィギュアスケート選手権台北 10
52.45
9
85.73
10
138.18
2017年12月21日-24日 第86回全日本フィギュアスケート選手権調布 2
56.65
2
92.82
2
149.47
2017年11月10日-12日 ISUグランプリシリーズ NHK杯大阪 10
53.83
10
78.58
10
132.41
2017年9月14日-17日 ISUチャレンジャーシリーズ ロンバルディアトロフィーベルガモ 9
49.80
6
78.48
8
128.28
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2016年12月22日-25日 第85回全日本フィギュアスケート選手権門真 3
51.67
3
73.45
3
125.12
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2016年1月25日-31日 2016年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ブラチスラヴァ 21
49.56
- 21
2015年12月16日-19日 イタリアフィギュアスケート選手権トリノ 3
56.50
3
87.84
3
144.34
2015年11月28日-12月4日 2015年サンタクロース杯ブダペスト 3
54.32
2
88.23
2
142.55
2015年10月27日-31日 ISUチャレンジャーシリーズ アイスチャレンジグラーツ 2
51.76
2
74.90
2
126.66
2015年10月20日-25日 ISUチャレンジャーシリーズ デンコヴァ・スタビスキー杯ソフィア 5
48.14
4
82.74
4
130.88
2015年9月17日-20日 2015年ロンバルディアトロフィーセスト・サン・ジョヴァンニ 3
47.05
3
76.83
3
123.88
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2015年2月11日-15日 2015年ババリアンオープンオーベルストドルフ 1
53.50
1
88.88
1
142.38
2015年1月26日-2月1日 2015年ヨーロッパフィギュアスケート選手権ストックホルム 23
42.83
- 23
2014年12月20日-21日 イタリアフィギュアスケート選手権トリノ 3
59.75
4
80.68
3
140.43
2014年12月1日-7日 2014年サンタクロース杯ブダペスト 3
51.60
3
77.77
3
129.37
2014年11月11日-16日 ISUチャレンジャーシリーズ アイスチャレンジグラーツ 4
50.16
6
76.98
5
127.14
2014年10月1日-5日 ISUチャレンジャーシリーズ オンドレイネペラトロフィーブラチスラヴァ 6
42.98
5
65.50
6
108.48
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2012年12月20日-24日 第81回全日本フィギュアスケート選手権札幌 4
34.27
3
57.90
4
92.17
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SD FD 結果
2011年12月22日-26日 第80回全日本フィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(門真 1
33.04
1
40.88
1
73.92
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 予選 SD FD 結果
2011年2月28日-3月6日 2011年世界ジュニアフィギュアスケート選手権江陵 14
48.87
- - -
2011年2月10日-13日 2011年ババリアンオープン ジュニアクラス(オーベルストドルフ - 8
36.16
5
59.31
5
95.47
2010年11月26日-28日 第79回全日本フィギュアスケートジュニア選手権ひたちなか - 1
44.02
1
59.85
1
103.87
2010年10月6日-10日 ISUジュニアグランプリ ブラエオン・シュベルター杯ドレスデン - 11
38.16
16
51.56
15
89.72
2010年9月23日-26日 ISUジュニアグランプリ SBC杯軽井沢 - 11
35.86
11
53.18
11
89.04
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 CD OD FD 結果
2010年2月3日-7日 2010年モンブラントロフィー ジュニアクラス(クールマイユール 5
26.41
5
37.21
7
54.72
5
118.34
2009年11月21日-23日 第78回全日本フィギュアスケートジュニア選手権横浜 1
23.49
1
37.50
1
61.61
1
122.60

プログラム使用曲[編集]

シーズン RD FD EX
2020-2021 映画『ドリームガールズ』より
ブルース: Dreamgirls
スウィング:One Night Only
ディスコ: Jimmy Got Soul
作曲:ヘンリー・クリーガー
ある愛の歌
ボーカル:ミレイユ・マチュー
振付:マリー=フランス・デュブレイユ、ロマン・アグノエル
生まれ来る子供たちのために
曲:小田和正
2019-2020 映画『ドリームガールズ』より
ブルース: Dreamgirls
スウィング:One Night Only
ディスコ: Jimmy Got Soul
作曲:ヘンリー・クリーガー
ミュージカル『ロード・オブ・ザ・ダンス』より
Cry of the Celts
Suil a Ruin
Lord of the Dance
作曲:ローナン・ハーディマン
2018-2019 タンゴ:El Sol Sueno
作曲:ギドン・クレーメル
タンゴ:Sueno de Barrilete
作曲:スサーナ・リナルディ
振付:マリー=フランス・デュブレイユロマン・アグノエル
ある愛の歌
ボーカル:ミレイユ・マチュー
振付:マリー=フランス・デュブレイユ、ロマン・アグノエル
映画『君の名は。』より
三葉のテーマ
スパークル -movie ver.
曲:RADWIMPS
シーズン SD FD EX
2017-2018 サルサ:Ahora Quien
ルンバ:Ahora Quien
サンバ:Samba do Brasil
振付:クリストファー・ディーン
映画『愛のイエントル』より
作曲:ミシェル・ルグラン
振付:クリストファー・ディーン
2016-2017[8] Mercy on Me
Candyman
曲:クリスティーナ・アギレラ
振付:クリストファー・ディーン
ノクターン/ボヘミアン・ラプソディ
作曲:フレディ・マーキュリー
演奏:ルチア・ミカレリィ
振付:クリストファー・ディーン
2015-2016 歌劇『椿姫』より
ワルツ:乾杯の歌
ポルカ:お招きの時刻はすぎてしまいましたよ
作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ
振付:コッラード・ジョルダーニ
Dolencias
Sikuriadas
曲:インティ・イリマニ
振付:コッラード・ジョルダーニ
2014-2015 Dancers of the Night
演奏:グイド・ルチアーニ
Paso Nr. 6
演奏:アンドレ・リュウ
振付:コッラード・ジョルダーニ
Unchain My Heart
ボーカル:ジョー・コッカー
This Is a Man's Man's Man's World
ボーカル:ジェームス・ブラウンルチアーノ・パヴァロッティ
Walking By Myself
曲:ゲイリー・ムーア
振付:コッラード・ジョルダーニ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 【フィギュアスケート】小松原美里&ティム・コレト 【前編】アイスダンスに転向するきっかけ
  2. ^ misato komatsubaraさん(@missatoooo) • Instagram写真と動画” (日本語). www.instagram.com. 2019年10月8日閲覧。
  3. ^ Misato Komatsubara & Andrea Fabbri Fan ClubのFacebookより
  4. ^ “Love Story” is not just a program for Misato Komatsubara/Tim Koleto (JPN)
  5. ^ ISU Statement - Definite cancellation of pending 2020 ISU Championships”. International Skating Union (2020年4月16日). 2020年10月21日閲覧。
  6. ^ 小松原、コレト組がNHK杯欠場 小松原が外傷性頸部症候群発症”. 2019年11月18日閲覧。
  7. ^ @miichan728 (6 September 2019). "ご報告" (ツイート). Twitterより2019年10月3日閲覧
  8. ^ Танцам в Японии... быть?

外部リンク[編集]