小松俊広

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小松 俊広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県高知市
生年月日 (1940-01-13) 1940年1月13日(78歳)
身長
体重
174 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1958年
初出場 1958年
最終出場 1960年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小松 俊広(こまつ としひろ、1940年1月13日 - )は、高知県出身の元プロ野球選手投手)。プロ入りまでの名は敏宏。

来歴・人物[編集]

高知商業高等学校では、エースとして1957年春の選抜に出場。小倉高八幡商を破り準決勝に進出する。準決勝でも倉敷工渡辺博文らに3-1で投げ勝つ。しかし決勝では王貞治投手を擁する早実と対戦し3-5で敗退、準優勝にとどまった[1]。同年夏の南四国大会でも決勝に進出するが高知高に0-1で9回サヨナラ負け、甲子園出場を逸する。チームメートに坂本宏一捕手大洋)、尾崎靖夫遊撃手(大洋)、倉内顕外野手西鉄)がいた。王、清沢忠彦(県岐阜商慶大住友金属)とともに左腕投手の三羽烏として注目される。

1958年に巨人入団。1年目から14試合に登板し、リリーフ、抑え投手として実績をあげる。同年の広島カープとの最終戦で先発し5回を無失点に抑えるが、打線の援護がなく勝ち星はつかなかった。しかし翌1959年7月2日には大洋ホエールズを相手に先発、5回2/3を2失点に抑え初勝利を挙げる。将来を期待されたが、その後は故障もあって伸び悩み、1962年限りで引退した。

引退後は巨人のスコアラーをつとめる。いわゆる先乗りスコアラーの先駆者の一人である。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1958 巨人 14 2 0 0 0 0 0 -- -- ---- 140 31.2 20 1 26 0 0 23 5 0 13 7 1.97 1.45
1959 11 3 0 0 0 1 1 -- -- .500 126 29.0 23 3 18 0 0 35 2 0 14 14 4.34 1.41
1960 10 1 0 0 0 0 1 -- -- .000 76 18.0 14 1 10 0 0 14 0 0 11 9 4.50 1.33
通算:3年 35 6 0 0 0 1 2 -- -- .333 342 78.2 57 5 54 0 0 72 7 0 38 30 3.42 1.41

背番号[編集]

  • 45 (1958年 - 1961年)
  • 47 (1961年 - 1962年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目[編集]