小杉御殿町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本 > 神奈川県 > 川崎市 > 中原区 > 小杉御殿町
小杉御殿町
陣屋跡
陣屋跡
小杉御殿町の位置(神奈川県内)
小杉御殿町
小杉御殿町
小杉御殿町の位置
北緯35度34分51.92秒 東経139度39分7.98秒 / 北緯35.5810889度 東経139.6522167度 / 35.5810889; 139.6522167
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Kawasaki, Kanagawa.svg 川崎市
中原区
面積
 • 合計 0.286km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 6,070人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
211-0068[3]
市外局番 044 (川崎MA)[4]
ナンバープレート 川崎

小杉御殿町(こすぎごてんちょう)は、川崎市中原区町名。現行行政地名は小杉御殿町一丁目及び小杉御殿町二丁目。住居表示未実施区域[5]郵便番号211-0068[3]

地理[編集]

小杉御殿町は、武蔵小杉駅の北、新丸子駅の西に位置する。東南側に武蔵小杉駅のある小杉町、東側に小杉陣屋町、西南で今井上町、西で上小田中及び宮内、北には等々力緑地のある等々力に接している。多摩川からも近い。また、町内を東西に中原街道が、町の東端を府中街道が貫通する。近年再開発が著しいいわゆる武蔵小杉エリアの一角であるが、全体的に住宅地で、特に駅から遠い北側の1丁目はいまだ道が非常に狭く入り組み、昔ながらの住宅地の面影を残す。幹線である中原街道も例外ではなく、歩道もない上に町の中央でクランク状に折れ曲がっている。クランク状の道は上野広小路など将軍が往来した道にあるものと同様である。

歴史[編集]

町名の由来[編集]

町名の由来は、中原街道上にあった、将軍の宿泊地である小杉御殿がこの地にあったことから。現在は西明寺境内の跡地に碑が残るのみである。

小杉御殿跡地の碑

小杉御殿[編集]

小杉御殿は、江戸時代初期に中原街道上に設置された本陣である。江戸時代初期にはまだ東海道は整備されておらず、中原街道が江戸と西方を結ぶ主要な街道であった。徳川家康駿府との往復に用いたという。この地にはその将軍の宿泊地としての本陣が設けられており、これが小杉御殿である。中原街道がクランク状になった場所の西側、現在の西明寺の境内を含む場所にあった。

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
小杉御殿町一丁目 876世帯 1,748人
小杉御殿町二丁目 2,353世帯 4,322人
3,229世帯 6,070人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[6][7]

丁目 番地 小学校 中学校
小杉御殿町一丁目 全域 川崎市立中原小学校 川崎市立宮内中学校
小杉御殿町二丁目 全域

交通[編集]

町内に東急バス川崎市営バスが運行している。

施設[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 町丁別面積(総務省統計局「地図で見る統計(統計GIS)」の数値)”. 川崎市 (2015年10月26日). 2018年2月15日閲覧。
  2. ^ a b 町丁別世帯数・人口”. 川崎市 (2018年1月25日). 2018年2月15日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 区別町名一覧表”. 川崎市. 2018年2月15日閲覧。
  6. ^ 川崎市立小学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。
  7. ^ 川崎市立中学校の通学区域”. 川崎市 (2015年4月1日). 2018年2月15日閲覧。

関連項目[編集]