小杉の大杉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小杉の大杉

小杉の大杉(こすぎのおおすぎ)は、山形県最上郡鮭川村曲川にあるである。「曲川の大杉」[1]「夫婦杉」「縁結びの杉」[2]とも呼ばれる。鮭川村の指定文化財天然記念物に指定されている[1][3]

概要[編集]

小杉の大杉

樹種は最上峡の天然杉と同種で、神代杉とも呼ばれる[1]。推定樹齢は700年から800年以上[3]、樹高は約20メートル、根回りは6.3メートル、枝張りは17メートル[1]。根元には山神が祀られている[1]

アニメ映画『となりのトトロ』のキャラクター・トトロに似ている樹形から、「トトロの木」とも呼ばれる[2]

その昔、新庄の殿様が鹿狩りの最中に猛吹雪に襲われ、この木の下で風雪を避けたという伝説がある[2][4][5]

所在地・アクセス[編集]

  • 山形県最上郡鮭川村曲川108-5[1]
  • JR奥羽本線新庄駅より車で約30分、なお、冬季は駐車場から杉の木までの除雪はない[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 鮭川村教育委員会(編)、1998、「曲川の大杉」、『鮭川村の指定文化財』、山形県鮭川村教育委員会 p. 12
  2. ^ a b c d 巨木の里探訪 小杉の大杉”. 最上地域観光協議会. 2015年7月30日閲覧。
  3. ^ a b 最上(もがみ)地域の景観”. 山形県庁. 2015年8月1日閲覧。
  4. ^ 山形県最上地方の昔話「小杉の大杉(鮭川村)」”. 経済産業省東北経済産業局. 2015年7月30日閲覧。
  5. ^ 鮭川村史編集委員会(編)、1986、「曲川沿いの伝説」、『鮭川村史 集落編』、鮭川村 p. 367

外部リンク[編集]

座標: 北緯38度48分55.6秒 東経140度10分55.1秒