小文字の他者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小文字の他者フランス語: petit autre)とは、フロイトの大義派(通称:ラカン派)(école de la Cause freudienne / Lacanien)の精神分析理論で用いられる概念の一つである。対象aobjet a)とも言われる。

人間が一生を通して追求するもので、想像界や象徴界や現実界の中間にあり、欲動が求める対象。他の精神分析学派の主張する部分対象や移行対象、自己対象との関連性が指摘される。


関連項目[編集]