小手指村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
小手指村
廃止日 1943年昭和18年)4月1日
廃止理由 新設合併
所沢町、小手指村富岡村
吾妻村、松井村、山口村→所沢町
現在の自治体 所沢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 埼玉県
入間郡
団体コード 当時存在せず
隣接自治体 入間郡所沢町、吾妻村、山口村、
三ヶ島村富岡村
小手指村役場
所在地 埼玉県
外部リンク 当時村ホームページは存在せず
 表示 ウィキプロジェクト

小手指村(こてさしむら)は、埼玉県入間郡にあった。現在の所沢市西部にあたる。

大正時代に池袋と飯能をむすぶ武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)が開通し、村内東端に小手指駅(現在の西所沢駅)が開業した。

1943年昭和18年)に所沢町山口村・富岡村・吾妻村・松井村と合併し、改めて所沢町となり消滅した。

村名の由来[編集]

日本武尊の東征伝説で、北野村の北野天神社で戦勝祈願をし、篭手をかざしたという伝承より。以来この一帯が小手指原(こてさしがはら)と呼ばれ、鎌倉時代から南北朝時代には新田義貞鎌倉幕府との戦い(分倍河原の戦い)、足利尊氏新田義宗との戦い(武蔵野合戦)と2度にわたる小手指原の戦いがあり、さらに北条時行足利直義との戦い(中先代の乱)により、3度戦場になっている。

地理[編集]

現在の所沢市上新井北野・西所沢・けやき台・緑町・松葉町・榎町・青葉台・向陽町・小手指町・小手指元町・小手指南・北野新町・北野南・泉町・弥生町・美原町・花園・北所沢町が、ほぼ旧村域にあたる。

鉄道[編集]

1943年の合併消滅時)

隣接していた自治体[編集]

(括弧内は現在の自治体)

歴史[編集]

関連項目[編集]