小戸公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
小戸公園
小戸公園2009 提供:福岡市
分類 総合公園
所在地
座標 北緯33度35分30.8秒 東経130度18分52.4秒 / 北緯33.591889度 東経130.314556度 / 33.591889; 130.314556座標: 北緯33度35分30.8秒 東経130度18分52.4秒 / 北緯33.591889度 東経130.314556度 / 33.591889; 130.314556
面積 17.3ヘクタール
開園 1942年(昭和17年)
設備・遊具 野球場、健康遊具コーナー、バーベキュー広場(有料)、大型遊具コーナー
駐車場 194 台(普通車)
アクセス 都市高速道路「百道ランプ」から車で約10分、地下鉄姪浜駅から徒歩25分、タクシー約5分
事務所 株式会社環境開発 小戸公園管理事務所
事務所所在地 福岡県福岡市西区小戸2丁目6−1
公式サイト 公式サイト

小戸公園 ( おど こうえん)とは 福岡県福岡市西区小戸2丁目6−1にある風致公園

沿革[編集]

福岡市西区小戸にある市の風致公園。当初の面積14ha、現在は17.3ha、第三記層[1]からなる小丘陵およびその周辺の低地の海岸に位置する。生の松原・今津湾を望む景勝地で、1942年(昭和17年)、防空緑地として都市計画公園に決定。1949年(昭和24年)から整備開始されたが、東側にあった炭鉱の鉱害による地盤沈下のため、海岸浸食が進んでおり、当初は護岸・埋立て・排水溝工事を主とした。1961年(昭和36)年には暴風のため沿岸の堤防が決壊、鉱山のボタ山火災で松林がかれる被害もあったが、現在は沿岸から丘陵にかけて、芝生公園・遊歩道・展望台などの施設がある。丘陵部には小戸大明神があり、防塁跡も残る。なお海岸近くの海中にあった、貝原益軒が編纂した続風土記拾遺に「御膳立とみえる膳椀を並べたような石」は、地盤沈下のため今日では見られない。

小戸ヨットハーバー[編集]

公園の南西に隣接する市立ヨットハーバー1949年(昭和24年)開催の高校総体を機に整備が進み、1979年(昭和54年)に整備が完了した。面積5.3ha、港内および埋め立てによる造成地にクルーザー150隻、ディンギー350隻を収容するほか、夏にはヨットスクールも開催される[2]近年は福岡出身タモリにより「タモリカップ福岡大会」が開催される会場の一部となっている。

設備[編集]

  • 野球場、健康遊具コーナー、バーベキュー広場(有料)、大型遊具コーナー、駐車場、管理事務所

見どころ[編集]

所在地[編集]

〒819-0001福岡県福岡市西区小戸2丁目6−1

交通[編集]

福岡都市高速道路百道ランプ」から車で約10分、福岡市営地下鉄姪浜駅から徒歩25分、タクシー約5分

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 地質時代の大区分、新生代の前半(6500万年前から現在)までに形成された地層や岩石
  2. ^ 『角川日本地名大辞典40福岡県』、320頁。
  3. ^ 幕末期、黒船の来襲に備えるために博多湾岸におかれた砲台のひとつ

参考文献[編集]

  • 編纂委員会 『角川日本地名大辞典40福岡県』 角川書店1988。ISBN 1005010213972