小平好直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小平 好直
Yoshinao Kodaira.jpg
生誕 1918年
大日本帝国の旗 大日本帝国 長野県
死没 2008年7月14日[1]
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 日本海軍航空隊
Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
軍歴 1935年-1945年(帝国海軍)
テンプレートを表示

小平 好直(こだいら よしなお)は、日本海軍軍人航空自衛官第二次世界大戦中は日本海軍航空隊の一員で、撃墜王の1人にも数えられた。太平洋戦線では空母翔鶴千代田に配置され、珊瑚海海戦ガダルカナル島の戦い第二次ソロモン海戦マリアナ沖海戦レイテ沖海戦など、多くの激戦に参加した。公的な撃墜記録は13機とされている。戦後、航空自衛隊に入隊。2008年、航空自衛隊のOB組織であるつばさ会がホームページ上で小平の死を伝えた。

脚注[編集]

  1. ^ つばさ会 平成20年7月

参考文献[編集]

  • Hata, Ikuhiko; Yasuho Izawa, Don Cyril Gorham (translator) (1975 (original) 1989 (translation)). Japanese Naval Aces and Fighter Units in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute Press. ISBN 0-87021-315-6. 
  • Sakaida, Henry (2002). Aces of the Rising Sun, 1937–1945. Great Britain: Osprey Publishing. ISBN 1-84176-618-6.