小川滋夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川 滋夫
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県松山市
生年月日 (1935-09-09) 1935年9月9日(87歳)
身長
体重
173 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1954年
初出場 1954年
最終出場 1959年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小川 滋夫(おがわ しげお、1935年9月9日 - )は、愛媛県[1]出身の元プロ野球選手(内野手)。1954年から1958年までの登録名は小川 滋[1]

経歴[編集]

松山商業高校では二塁手として活躍。2年生の時、同期のエース空谷泰を擁し1952年夏の甲子園に出場。津久見高鳴門高を降し準々決勝に進むが、八尾高木村保に完封負けを喫する[2]。1年上のチームメートに三塁手の佐野洋右(大映スターズ)がいた。翌1953年夏の甲子園にも連続出場。空谷がすべて完封勝利で決勝進出。決勝は同じ四国土佐高と対戦し、試合は9回を終わって2-2で延長戦となり、延長13回表に松山商業が1点を入れ、優勝を決めた[2]。他の高校同期に中堅手の菅野寿彦、1年下には一塁手千葉英二がおり、小川、空谷とともにいずれも中日ドラゴンズに入団している。

1954年中日ドラゴンズへ入団[1]1955年には二塁手、三塁手として6試合に先発出場、二番打者としても2試合に起用される。翌1956年も4試合に二塁手として先発するが、その後は出場機会に恵まれず1960年限りで引退。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1954 中日 3 4 4 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 -- 0 0 0 .250 .250 .250 .500
1955 16 17 16 0 1 0 0 0 1 1 0 0 0 0 1 0 0 3 0 .063 .118 .063 .180
1956 13 19 17 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 1 .000 .000 .000 .000
1959 7 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:4年 39 42 39 1 2 0 0 0 2 1 0 0 2 0 1 0 0 6 1 .051 .075 .051 .126

背番号[編集]

  • 60 (1954年)
  • 13 (1955年 - 1956年)
  • 21 (1957年 - 1960年)

登録名[編集]

  • 小川 滋 (1954年 - 1958年)
  • 小川 滋夫 (1959年 - 1960年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、122ページ
  2. ^ a b 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]