青空アバンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川梨瑠沙から転送)
移動先: 案内検索
青空アバンティ
AOZORA AVANTI
Aozora avanti 001.jpg
メンバー ゆい(伊達 唯)
りるさ(小川 梨瑠沙)
別名 アバンティ
結成年 2015年
解散年 2017年
事務所 ニュースタッフプロダクション
活動時期 2015年8月7日 - 2017年12月31日
出身 現事務所直入(2016年5月1日)
出会い Twitter
旧コンビ名 ぼのん・さんじのたまご(りるさ)
現在の活動状況 解散
芸種 漫才(両者)
ピンネタ(ゆい)など
ネタ作成者 ゆい(結成当初は両者)
過去の代表番組 JK Fridaynight ばきゅん!
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2016年ハイスクールマンザイ2016」準決勝進出
2016年「高校生笑い日本一決定戦 第6回笑顔甲子園」出場
2017年「高校生笑い日本一決定戦 第7回笑顔甲子園」出場(ゆい)
テンプレートを表示

青空アバンティ(あおぞらアバンティ)は、伊達唯と小川梨瑠沙からなる日本漫才コンビ2015年8月7日にコンビを結成し、2016年5月1日にニュースタッフプロダクションに所属[1][2][3]。主に東京都内を拠点として活動していた。2017年12月31日に解散を発表[4][5]

メンバー[編集]

ゆい[編集]

(本名:伊達 唯 〈だて ゆい〉、 (2000-02-28) 2000年2月28日(17歳) - )
人差し指で顔の両頬を指差して微笑むポーズが、お馴染みである。
  • 人物
    • 東京都西東京市出身[3]埼玉県在住[6]
    • 身長159cm・靴のサイズ24cm・頭まわり58cm・血液型A型[3]
    • 西東京市立保谷中学校東京都立田柄高等学校出身。埼玉県立栗橋北彩高等学校在籍[7]
    • がいる。
    • ボケ・ネタ作り担当。立ち位置は向かって右。
    • ピンでの活動時は「伊達ゆい」と、名字を漢字・名前を平仮名で表記。2017年12月頃から、ピンでの活動も多くなる。
    • 端整で優しい印象の顔立ち・低くて柔らかい声質・爽やかな外見が特徴。長い黒髪で、上品で清楚で優しい顔つきであり、本人曰く「平安顔」。が綺麗なことがチャームポイント[8]
    • 2017年12月19日に開催された、事務所所属の芸人を表彰するイベント「2017 トラベル大賞授賞式」では、「ミス・ニュースタッフ」の称号を与えられるなど[9]、かわいい見た目とキャラクター性から、多くのファンから愛されている。
    • ファンとの交流を大切にしており、Twitterでのやり取りやツイキャスStager Liveでの配信も不定期に行っている。配信中に「コメントしてくれる人は友達だよ」と言うなど、ファンと身近で親しみやすい存在であることを大切にしている。Stager Liveでの配信は、2017年12月の「青二祭二次審査」における配信審査がきっかけである[10]
    • 2017年9月から12月までの間、所属事務所の公式ニコニコチャンネルでの有料ブロマガ才能のゴッタ煮。」にて、現役女子高校生目線で時事ネタに関する感想コラム伊達唯17歳、JK目線!」を掲載していた。各記事の締めに、そのテーマでダジャレを披露していた[11]
    • 尊敬する芸人の一人として、いとうあさこを挙げており、「いとうあさこさんに真っ直ぐな瞳で『ゆいは面白いんだから自信を持って』と言われること」を目標の一つとしている[12]
  • 経歴
    • 2000年に生まれる。そのため、「ニュースタッフプロダクションのミレニアムベイビー」の呼称を持つ。
    • 小学2年生まで、約4年間オーストラリアに居住しており、帰国子女である。
    • 小学校4年生・5年生のときに「お笑い係」となり、給食の時間にクラスの全員の前でお笑いを披露[注釈 1]。そのとき、人を笑わせることが楽しいと感じてお笑い芸人になることを決意した[13]
    • 子供の頃からお笑い芸人になるという夢を追い続けてきており、小学生の時にもネタ帳を作っていたという[14]。当時のアルバムの「5年後の自分を想像する」という欄には、「5年後は売れない芸人生活を歩んでいる」と書いているなど[15]、子供の頃からお笑い芸人になるという決意は堅かった。
    • お笑い芸人になること・テレビに出ることが、小学生時代からの目標であったが、ともに高校生のうちに達成した。
  • 趣味・嗜好
    • 趣味はテニス[3]、高校ではテニス部に所属していた。また、高校の体育でしたバスケットボールも好きであり、レイアップシュートが得意であるという。さらに、ダンスの経験があり、高校の昼食後に、クラスメートの前で踊っていたという[16]
    • 本人曰く、アウトドア派で、自分で釣った魚を捌いて料理するなど[17]、多趣味な一面が見られる。
    • お風呂に入ることが好きで、本人曰く「お風呂だけは綺麗にしていたい」[18]。小さい頃には1時間以上の入浴は余裕であった[19]入浴剤への造詣も深い。シャンプーは、ファンから貰ったLUXのプレミアムボタニフィークダメージリペアシャンプーを愛用している[20]
    • 好きな食べ物はラーメンで、ラーメン店でのアルバイトの経験がある。
    • 好きなお菓子はじゃがりこで、本人曰く「家に50個ぐらいストックしときたいぐらい美味しい」[21]。また、外国のお菓子も好きだという[22]
    • 好きなアーティストは、高橋優back number西野カナなど。
    • 好きな男性のタイプとして、菅田将暉を挙げている[23]
    • 好きなキャラクターはドラえもん [24][25]
  • 特技
    • 帰国子女であることから英語を得意としており、英語の楽曲もしなやかに歌いこなす。
    • 珠算検定1級・暗算検定1級・漢字検定3級・書道準3段を所有しているなど[3]、多才な一面も持ち合わせている。そろばんは以前習っていた[26]
    • 鼓笛隊鍵盤ハーモニカを演奏していた経験がある。
    • 綺麗で澄んだ歌声の持ち主で、ツイキャスやStager Liveで歌声を披露したこともあるが、中学生の頃には友達に音痴だと言われていたらしく、歌うことには自信がないという。

りるさ[編集]

(本名:小川 梨瑠沙 〈おがわ りるさ〉、 (1998-06-17) 1998年6月17日(19歳) - )

芸風[編集]

  • 主に漫才を披露。
  • 漫才のネタは当初は2人で作っていたが、その後は、ネタ作りはゆいが担当していた。
  • 結成当初から、ゆい・りるさの二人ともが制服風のベストとスカートで舞台に立つという、現役女子高校生ならではのスタイルをとっていた[6]。2017年4月以降、りるさは高等学校の卒業を機に私服で舞台に立っていた[36]。その翌月以降、ゆいも私服で舞台に立っていた[37]。その後は、ゆいは黄色のサロペット・りるさは赤色のスカートを着て舞台に立っていた。
  • 当初は、ネタの内容も現役女子高校生の視点を活かしたものが多く、修学旅行・面接・給食など学生生活を題材とした「女子高校生漫才」を披露することが多かった[6]
  • ゆいが、りるさに「ブス」といじることが多い。
  • 漫才中はお互いに相方のことを、「ゆい」・「りるさ」と名前で呼び合う。
  • ゆいのすましたボケに対して、りるさが穏やかで暖かいツッコミをするのが極めて特徴的。さらに、りるさがゆいを強く叩くなどといった激しいツッコミも行われない。
  • 当初の漫才では、ゆいの落ち着いたボケがネタの骨格となっていたが、その後は、動的なボケや、強い語気でのボケ、ナンセンスなボケ、ツカミでのゆいのラップの披露、さらには、ぼんやりとしたボケが勢いのあるボケに展開するなど、ゆいのボケの強弱が多く見られるようになった。
  • 毎回ネタのはじめに、二人で「ゆいです、〇〇歳です。りるさです、〇〇歳です。青空アバンティです。お願いします。」と自己紹介をしてから漫才を始める。また、ネタの最後に、りるさがポップな口調で「もういいよ」と言って漫才を締める。
  • 馬鹿よ貴方はの新道竜巳は、自身のブログ「新道竜巳の『女芸人研究室』」にて、二人の漫才を「ボケ数が多くテンポがよく、男性的な漫才」・「最後の「もーいいよ」がキュート」と評しており[38]、「将来のお笑い界を背負っているかもしれない」と紹介している[39]

エピソード[編集]

  • りるさが漫才の相方を探していたところ[注釈 3]、お笑い芸人を目指していたゆいと、Twitterで知り合う[6]。これがコンビ結成のきっかけである。コンビ結成当時のゆいは15歳の高校一年生であり、異例の若さでのステージデビューを果たした[注釈 4]
  • 本人談、コンビ名の由来は特に定まっておらず、エゴサーチしやすい名前にした。女子高校生らしくポップな雰囲気の「青空」という単語と[注釈 5]、自分たちが前に進めるようにという念願から、前進という意味の「アバンティ」という単語を組み合わせて命名した。
  • コンビ仲が良く、二人で遊んだり食事をしたりすることも多い。コンビで仲良しなツーショット写真をSNSに投稿している。ゆい曰く、りるさは「色々あったけどなんだかんだ大切な相方」[40]
  • 同事務所所属の先輩芸人との交流を大切にしており、先輩と一緒に食事に行く様子を度々SNSに投稿していた。また、マネージャーとも仲がよい[41][42]

略歴・受賞歴[編集]

以下、青空アバンティとしての略歴・受賞歴を記載。ゆいの個別の略歴・受賞歴は、「伊達唯#略歴・受賞歴」を参照のこと。

略歴[編集]

  • 2015年8月7日、結成。
  • 2015年9月5日、初めて舞台に立ち、ネタを披露。以来、東京を拠点に活躍。多い月には10回近く舞台に立つ[6]
  • 2016年5月1日、ニュースタッフプロダクションに所属[3]
  • 2016年5月、インターネット番組「JK Fridaynight ばきゅん!」の2016年度のレギュラーメンバーになる[3][43]
  • 2016年8月15日、「ハイスクールマンザイ2016」で関東エリアにて準決勝出場[3][44]
  • 2016年8月27日・28日、愛媛県新居浜市で開催された「高校生笑い日本一決定戦 第6回笑顔甲子園」に出場[3][45]
  • 2016年11月6日、『朝日新聞』の特集「18歳をあるく」で、全国紙一面に掲載される[3]
  • 2017年3月11日、主演ライブ「青空アバンティと6人の大人」で初めてコント・ダンスネタ・ピンネタを披露[3][46][注釈 6]
  • 2017年3月24日、りるさが、『選挙ドットコム』の記事「千葉県知事選が地味すぎてヤバいので18歳女子と選挙事務所に電凸してみた」に掲載され、2017年千葉県知事選挙への関心を取り上げられる[47][48][注釈 7]
  • 2017年8月12日・13日、ゆいが、愛媛県新居浜市で開催された「高校生笑い日本一決定戦 第7回笑顔甲子園」に出場。予選バトルで第2位・決勝バトルで第4位の成績を残す[7][49][50]
  • 2017年10月9日、同事務所所属のこぐれとともに「たまぴよみーてぃんぐ~玉城ティナ 20th Birthday Event~in東京&大阪」の東京公演に出演[51][52]
  • 2017年12月、ゆいが、高校生の総合イベント「青二祭」出場のための一次審査に通過。二次審査の一つとして、Stager Liveにて配信審査を実施[53][54][注釈 8]
  • 2017年12月31日、解散。

賞レース歴[編集]

  • M-1グランプリ[55]
日程 会場 結果 エントリーナンバー
2016年大会 9月3日 1回戦 新宿シアターモリエール(東京) 通過 734
10月9日 2回戦 雷5656会館ときわホール(東京) 敗退
2017年大会 8月3日 1回戦 ハーモニックホール(東京) 敗退 549
  • 女芸人No.1決定戦 THE W
日程 会場 結果 エントリーナンバー
2017年大会 10月15日 1回戦 中目黒キンケロ・シアター(東京) 敗退[56][57] 202

解散発表[編集]

  • 2017年12月31日、ゆいがTwitterにてコンビの解散を発表[58][59][60]。「女子高校生芸人」として脚光を浴び始めてから、2年4ヶ月の歴史に幕を閉じた。
  • 解散後は、りるさは事務所を離れ芸人を引退し、ゆいは相方を探しながらピンでの活動を存続することを表明[61]
  • 解散当日まで、解散に関しての予告も告知もなく、あまりにも突然の解散報告となり、多くのファンを驚かせた。解散理由については、詳細を明かされておらず、ファンの間で様々な憶測が飛び交ったが、いまだにその真相は不明である。
  • コンビとしての最後の舞台は、2017年12月16日の「LIVE NSP Young!Young!Young!第4回」。

ライブ[編集]

以下、青空アバンティとしてのライブ出演を記載。ゆいの個別でのライブ出演は、「伊達唯#ライブ」を参照のこと。

主演ライブ[編集]

日程 タイトル 会場
2017年3月11日 青空アバンティと6人の大人 下北沢シアターミネルヴァ

事務所ライブ[編集]

  • LIVE NSP Junior(会場:中野Studio twl)
2016年
日程 6月1日 7月6日 8月3日 9月8日 10月5日 11月2日 12月7日
順位 14位[62] 16位[63] 18位[64] 21位[65] 14位[66] 8位[67] 7位[68]
2017年
日程 1月11日 2月1日 3月1日 4月5日 5月3日 6月7日 10月4日 11月1日 12月6日
順位 3位[69] 4位[70] 12位[71] 6位[72] 6位[73] 2位[74] 13位[75] 17位[76] 11位[77]
  • LIVE NSP(会場:下北沢シアターミネルヴァ)
    • 2017年7月6日:15位[78]

その他[編集]

日程 タイトル 会場
2016年 9月17日 9事務所合同ライブ[79] 松竹芸能 新宿角座
12月3日 温故知新[80][81][注釈 9] 下北沢シアターミネルヴァ
12月20日 プライムライブ年末スペシャル~VSニュースタッフプロダクション[82][83] 新宿バッシュ
2017年 2月26日 LIVE NSP Young!Young!Young! [84] 下北沢シアターミネルヴァ
5月14日 大喜る[85](※りるさのみ)
6月10日 LIVE NSP Young!Young!Young!第2回[86]
7月1日 温故知新[87][88][注釈 10]
12月16日 LIVE NSP Young!Young!Young!第4回

番組出演[編集]

以下、青空アバンティとしての番組出演を記載。ゆいの個別での番組出演は、「伊達唯#番組出演」を参照のこと。

テレビ番組[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ番組[編集]

インターネット番組[編集]

JK Fridaynight ばきゅん![編集]

(アキバ系BBチャンネル、2016年5月 - 2017年3月、2017年7月31日)[3][43]
  • 2016年度の出演回は、第2回 - 第15回、第17回 - 第40回。
    • ただし、第8回・第11回・第13回・第17回・第26回・第34回・第38回は、ゆいのみ出演。第3回・第25回・第32回は、りるさのみ出演。
  • 2017年度第14回は、前説・一部のコーナーのMCとして出演。

その他[編集]

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ りるさのツイート 2016年5月10日の発言
  2. ^ ゆいのツイート 2016年5月10日の発言
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 伊達ゆい”. 所属タレント. ニュースタッフプロダクション. 2017年12月24日閲覧。
  4. ^ ゆいのツイート 2017年12月31日の発言
  5. ^ りるさのツイート 2018年1月1日の発言
  6. ^ a b c d e f g h “無謀?でも進路は「お笑い」 高校生芸人りるさ”. 朝日新聞. (2016年11月6日). http://www.asahi.com/articles/ASJC43W7GJC4UTFL007.html 2017年7月8日閲覧。 
  7. ^ a b 「高校生笑い日本一決定戦 第7回笑顔甲子園」公式ホームページ”. 出場者紹介. 新居浜市. 2017年7月24日閲覧。
  8. ^ ゆいのツイート 2017年6月15日の発言
  9. ^ ゆいのツイート 2017年12月20日の発言
  10. ^ ゆいのツイート 2017年12月4日の発言
  11. ^ 才能のゴッタ煮。”. ニュースタッフプロダクション. 2017年9月28日閲覧。
  12. ^ ゆいのツイート 2018年1月5日の発言
  13. ^ 『grow up radio』(すまいるエフエム)2016年11月26日付放送分。
  14. ^ ゆいのツイート 2017年5月18日の発言
  15. ^ ゆいのツイート 2017年10月22日の発言
  16. ^ ゆいのツイート 2017年12月1日の発言
  17. ^ ゆいのツイート 2017年4月22日の発言
  18. ^ ゆいのツイート 2017年4月2日の発言
  19. ^ ゆいのツイート 2016年3月21日の発言
  20. ^ ゆいのツイート 2016年10月10日の発言
  21. ^ ゆいのツイート 2017年5月31日の発言
  22. ^ ゆいのツイート 2017年7月29日の発言
  23. ^ ゆいのツイート 2016年8月25日の発言
  24. ^ ゆいのツイート 2016年12月25日の発言
  25. ^ ゆいのツイート 2017年7月7日の発言
  26. ^ りるさのツイート 2017年4月12日の発言
  27. ^ 「高校生笑い日本一決定戦 第6回笑顔甲子園」公式ホームページ”. 出場者紹介. 新居浜市. 2017年7月8日閲覧。
  28. ^ りるさのツイート 2015年9月17日の発言
  29. ^ りるさのツイート 2016年10月25日の発言
  30. ^ りるさのツイート 2017年7月11日の発言
  31. ^ りるさのツイート 2015年12月25日の発言
  32. ^ りるさのツイート 2017年4月24日の発言
  33. ^ りるさのツイート 2017年7月16日の発言
  34. ^ りるさのツイート 2017年2月26日の発言
  35. ^ りるさのツイート 2017年1月22日の発言
  36. ^ りるさのツイート 2017年4月1日の発言
  37. ^ ゆいのツイート 2017年5月3日の発言
  38. ^ THE W 1回戦 2017.10.15(2)”. 馬鹿よ貴方は 新道竜巳. 2017年10月25日閲覧。
  39. ^ THE W 1回戦 2017.10.15(1)”. 馬鹿よ貴方は 新道竜巳. 2017年10月25日閲覧。
  40. ^ ゆいのツイート 2017年6月17日の発言
  41. ^ りるさのツイート 2017年7月5日の発言
  42. ^ ゆいのツイート 2017年6月22日の発言
  43. ^ a b 「アキバ系BBチャンネル」公式ホームページ”. JK Fridaynight ばきゅん!. アキバ系BBチャンネル. 2017年7月8日閲覧。
  44. ^ 「ハイスクールマンザイ2016」公式ホームページ”. 結果速報. HIGH SCHOOL MANZAI 2016. 2017年7月8日閲覧。
  45. ^ りるさのツイート 2016年8月1日の発言
  46. ^ りるさのツイート 2017年3月11日の発言
  47. ^ 千葉県知事選が地味すぎてヤバいので18歳女子と選挙事務所に電凸してみた”. ひがし みすず (2017年3月24日). 2017年7月8日閲覧。
  48. ^ りるさのツイート 2017年3月24日の発言
  49. ^ ゆいのツイート 2017年7月24日の発言
  50. ^ ゆいのツイート 2017年8月13日の発言
  51. ^ ゆいのツイート 2017年10月3日の発言
  52. ^ りるさのツイート 2017年10月4日の発言
  53. ^ ゆいのツイート 2017年12月4日の発言
  54. ^ 一次審査通過者発表!”. 青二祭実行委員会. 2017年12月24日閲覧。
  55. ^ 青空アバンティ”. コンビ情報. M-1グランプリ. 2017年7月8日閲覧。
  56. ^ ゆいのツイート 2017年10月15日の発言
  57. ^ りるさのツイート 2017年10月15日の発言
  58. ^ 青空アバンティ解散のお知らせ”. NEWS. ニュースタッフプロダクション. 2018年1月13日閲覧。
  59. ^ ゆいのツイート 2017年12月31日の発言
  60. ^ りるさのツイート 2018年1月1日の発言
  61. ^ ゆいのツイート 2018年1月5日の発言
  62. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年6月)
  63. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年7月)
  64. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年8月)
  65. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年9月)
  66. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年10月)
  67. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年11月)
  68. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2016年12月)
  69. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年1月)
  70. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年2月)
  71. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年3月)
  72. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年4月)
  73. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年5月)
  74. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年6月)
  75. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年10月)
  76. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年11月)
  77. ^ 「LIVE NSP junior」の結果(2017年12月)
  78. ^ 「LIVE NSP」の結果(2017年7月)
  79. ^ りるさのツイート 2016年9月17日の発言
  80. ^ りるさのツイート 2016年12月3日の発言
  81. ^ ゆいのツイート 2016年12月3日の発言
  82. ^ りるさのツイート 2016年12月20日の発言
  83. ^ ゆいのツイート 2016年12月20日の発言
  84. ^ りるさのツイート 2017年2月26日の発言
  85. ^ りるさのツイート 2017年5月14日の発言
  86. ^ りるさのツイート 2017年6月10日の発言
  87. ^ りるさのツイート 2017年7月1日の発言
  88. ^ ゆいのツイート 2016年7月1日の発言
  89. ^ りるさのツイート 2017年4月13日の発言
  90. ^ ゆいのツイート 2017年4月13日の発言
  91. ^ ゆいのツイート 2017年8月16日の発言
  92. ^ りるさのツイート 2017年4月27日の発言

注釈[編集]

  1. ^ 当時流行っていたゆってぃのモノマネを「ゆいってぃ」という名で披露するなど。
  2. ^ 本人曰く、『それいけ!アンパンマン』の中で最も好きなキャラクターは「おかゆちゃん」。
  3. ^ りるさは、もともと別の相方とコンビ「ぼのん」で漫才をしていたが、相方が芸人を辞めたことで解散となり、新たな相方を探していた。
  4. ^ りるさも、旧コンビ「ぼのん」で漫才などの活動を開始したのは、高校一年生のときである。
  5. ^ 青空」以外の候補としては「空色」などがあったという。
  6. ^ 青空アバンティのために同事務所所属の6人の先輩芸人(大人たち)が書き下ろしたネタを披露。
  7. ^ 選挙での候補者の情報収集の困難さを訴えかけた。
  8. ^ 翌年1月に二次審査の通過も発表され、ゆいのピンでの青二祭への出演が決定した。配信審査の結果は1位だった。
  9. ^ 小石田純一とのトークを披露。
  10. ^ ジョリー惑星とのトークを披露。
  11. ^ ゆい・りるさの両者とも、初めてのテレビ出演である。
  12. ^ パリピJK評論家」の肩書で出演し、女子高校生の間で流行した卍ポーズを紹介した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]