小川弘文

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 弘文
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 徳島県鳴門市
生年月日 (1945-05-15) 1945年5月15日(73歳)
身長
体重
172 cm
72 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1964年
初出場 1964年
最終出場 1973年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小川 弘文(おがわ ひろふみ、1945年5月15日 - )は、徳島県鳴門市[1]出身の元プロ野球選手。ポジションは外野手

来歴・人物[編集]

鳴門高校では、1963年夏の甲子園県予選準決勝に進むが、後にプロで同僚となる三好幸雄のいた徳島商に敗退、甲子園には出場できなかった。高校の1年上に、やはりプロで同僚となる白石静生がいた。

1964年広島カープへ入団[1]1965年には左膝の靭帯を故障したが[1]1966年に一軍に定着。同年は外野手として34試合に先発出場、うち14試合では一番打者に起用される。その後も山内一弘水谷実雄らの控えとして活躍したが、打撃面で伸びずレギュラーは獲得できなかった[1]

1970年オフにカープを戦力外となり、西鉄ライオンズへ移籍[1]1971年右翼手として23試合に先発するが、その後は出場機会が減少し、1973年オフに引退した[1]

引退後は、故郷の徳島県鳴門市に戻り、「井上建設」に勤務している[1]

今は地元で農業を営んでいる。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1964 広島 18 30 28 1 11 2 0 0 13 2 1 0 1 0 1 0 0 6 1 .393 .414 .464 .878
1965 13 19 16 1 2 0 0 0 2 1 1 0 1 1 1 0 0 4 0 .125 .176 .125 .301
1966 84 164 149 19 33 9 0 4 54 12 1 2 2 0 8 0 5 38 3 .221 .284 .362 .646
1967 40 45 44 1 8 0 0 0 8 2 0 0 0 0 0 0 1 11 0 .182 .200 .182 .382
1968 63 173 155 11 34 7 0 4 53 19 4 3 2 3 9 0 4 37 3 .219 .280 .342 .622
1969 28 34 33 5 8 0 1 2 16 3 2 0 0 0 0 0 1 5 0 .242 .265 .485 .750
1970 20 18 18 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1 .056 .056 .056 .111
1971 西鉄
太平洋
69 127 118 7 22 4 0 4 38 13 0 0 0 0 6 0 3 39 3 .186 .244 .322 .566
1972 45 60 54 5 9 2 0 1 14 4 1 0 1 0 4 0 1 15 1 .167 .237 .259 .497
1973 2 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
通算:10年 382 672 617 50 129 24 1 15 200 56 10 5 7 4 29 0 15 160 12 .209 .262 .324 .586
  • 西鉄(西鉄ライオンズ)は、1973年に太平洋(太平洋クラブライオンズ)に球団名を変更

背番号[編集]

  • 36 (1964年 - 1966年)
  • 9 (1967年 - 1970年)
  • 59 (1971年)
  • 35 (1972年 - 1973年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、123ページ