小川年安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小川 年安
基本情報
出身地 日本の旗 日本 広島県
生年月日 1911年1月1日
没年月日 1944年?
身長
体重
168 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1935年
初出場 1936年
最終出場 1936年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小川 年安(おがわ としやす、 1911年1月1日 - 1944年?)は、広島県出身のプロ野球選手。

大阪タイガース創立時の3番打者、正捕手。戦死したプロ野球選手の一人。結婚後の姓名は吉田 年安[1](没年および姓については後述)。  

来歴・人物[編集]

1927年、前年春選抜を制した広陵中学(現・広陵高校)の捕手として、春選抜は田部武雄と、夏の選手権八十川胖バッテリーを組み、更に打線も山城健三三浦芳郎中尾長らを揃えて広陵野球部史上最強チームと言われたが、連覇を狙った春は小川正太郎和歌山中学に、夏も水原茂らのいた高松商業に決勝で敗れた[2]

1928年も春夏連続出場したが、いずれも初戦敗退。続いて翌1929年春は、中尾、佐々木美利野村実に、のち慶大・阪神と同僚となる平桝敏男らがいた強力打線だったが、決勝で第一神港商業にまたしても敗れ準優勝(第一神港商業は翌年も優勝し史上初の春連覇)。

小川最後の夏、広陵は実業家に招待されハワイ遠征。小川は夏の大会出場を嘆願したが聞き入られず遠征に参加。約2ヶ月(当時は船で片道10日)の間、有料試合を行う。更に帰国が新学期に間に合わず問題となり翌年の選抜は選に洩れた[3]。結局小川は5季連続甲子園出場して3度準優勝、という珍しい記録を持つに至った。捕手として知られるが、甲子園では投手としても数試合登板経験がある。

1930年慶應義塾大学に進学。水原や宮武三郎らとバッテリーを組み、また強打の4番としてスター選手となり慶應義塾大学野球部再度の優勝に貢献。1931年の春季リーグ戦、有名な八十川ボーク事件が起きた対明大2回戦での先制ホームランは、大試合の初回カウントノースリーから打って出た一撃として知られる。相手投手は同窓の田部武雄だった。同春季の早慶戦2回戦で、三原脩ホームスチールを敢行された時の捕手でもあった(投手は水原)。

リーグ通算65試合に出場し208打数58安打、1本塁打、打率.279。六大学を代表する美男子ともいわれ、いわゆる「慶應ボーイ」で女性人気も非常に高かったという。同年、初めて来日したレフティー・グローブルー・ゲーリッグ、ら米大リーグ選抜チームと対戦する日本選抜チームの捕手にファン投票で選ばれ、正捕手を務めた。

1935年12月20日、この年創設された大阪タイガースと契約、入団。背番号2。翌1936年、プロ野球リーグが開幕。この年は主に3番を任され、チームトップの打率.342を記録。誰も打てなかった巨人沢村栄治のホップする剛速球を、「大根切り打法」で攻略するなど活躍した[4]

同年秋招集され、翌1937年(昭和12年)1月、東京中野第一電信連隊へ入隊。

戦死について[編集]

戦地での小川(右。左は沢村栄治)

1944年中国で戦死した、とされるが正確な没日、没地などの詳細は不明。出征後、小川が帰還しないため戦死として記録されたものと考えられている。享年33[5]

沢村栄治が最初の招集で中国戦線から帰還し、プロボクサー笹崎僙と対談した記事(オール讀物1940年9月号)の中で「戦場では戦友が次から次へ死に、全然野球の事は考えていなかったが、野戦病院で小川と会い野球を思い出した」と答えている。沢村が中国にいたのは1938年4月から1939年8月までなので、小川は少なくともこの頃までは生きていた事になる(文藝春秋編 1988)。なおこの記事では小川を「現在大阪タイガース所属」と記している。

小川の墓は、神奈川県横浜市鶴見区總持寺にある[5][1]。また、東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、小川の名が刻まれている。

親族[編集]

妻は吉田多嘉で、明治の大実業家益田孝の孫娘・初代小田原市長の益田信世の娘に当たる。多嘉は益田孝の妾で信世の母・タキの姓だった吉田姓を引き継ぎ、小川を婿として迎えていた。その為小川の結婚後の姓は吉田であり、墓にも吉田年安の名が刻まれている[1]

總持寺の墓には妻も葬られており、小川の死から62年後の2006年に亡くなっていた事がわかっている[5]

逸話[編集]

  • タイガースの初代主将・松木謙治郎は、著書『タイガースの生いたち』の中で「復員していれば、人柄からみて必ずタイガースの監督になっていた」と述べている[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1936春夏 大阪 11 49 44 3 21 3 2 0 28 9 0 -- 1 -- 4 -- 0 3 -- .477 .521 .636 1.157
1936 31 138 108 17 31 5 1 0 38 21 8 -- 4 -- 26 -- 0 11 -- .287 .425 .352 .777
通算:1年 42 187 152 20 52 8 3 0 66 30 8 -- 5 -- 30 -- 0 14 -- .342 .451 .434 .885
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号[編集]

  • 2 (1936年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c 探墓巡礼顕彰会-歴史研究会連携団体による墓碑調査プロジェクト-(鶴見総持寺調査)
  2. ^ 八十川は2回戦、対敦賀商業戦で史上二人目のノーヒットノーランを記録。
  3. ^ 同年夏、広島予選を勝ち抜いた広島商業が全国制覇、石本秀一率いる広島商業は、翌1930年灰山元治鶴岡一人らを擁して夏連覇、更に翌1931年の春も制して史上初の夏春連覇を達成した。
  4. ^ a b スポーツニッポン、連載「内田雅也の猛虎人国記(2) 広島県(下)」、内田雅也、2011年11月24日2面。
  5. ^ a b c 小川年安選手のお墓に行ってまいりました - ZAQ

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]