小川和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

小川 和夫(おがわ・かずお、1909年8月10日 - 1994年3月26日)は、英文学者で、元NHK職員。

経歴[編集]

東京市浅草区(現・東京都台東区)生まれ。1935年東京帝国大学英文科を卒業。

1936年に当時社団法人だったNHKにアナウンサーとして入局。戦前のNHKは軍の宣伝機関であったこともあり、今日のような分業制はとられておらず、報道記者も兼ねていた。戦後の改革で報道専業となり、外信部(現在の国際部)に配属。1961年ロンドン支局長、1962年ヨーロッパ総局長、1965年報道局長、1967年解説委員室主幹。

記者勤務の傍ら、イギリス・ロマン派の文学を研究、翻訳を行った。NHKを定年退職後の1968年成蹊大学教授、1976年東洋大学教授、1980年定年で東洋大学を退職した。

バイロンドン・ジュアン』の訳注で、読売文学賞(研究・翻訳部門)を受賞後まもなくに没した。

著書[編集]

  • 近代英文學と知性 自我の發展 研究社出版, 1952
  • アメリカ文学における新批評 ランサム、ブルックスベン・ウォーレンなど 早川書房, 1954
  • ロンドン暮色 イギリス紀行 研究社出版, 1956。英米文学語学選書
  • ニュー・クリティシズム その歴史と本質 弘文堂, 1959
  • 英詩 鑑賞と分析 研究社出版, 1968
  • ニュー・クリティシズム 本質と限界 南雲堂, 1968
  • レスター・スクウェアの緑蔭 ロンドン・エッセイ集 研究社出版, 1971
  • イギリス浪漫詩の詩法 研究社出版, 1975
  • キーツのオード 鑑賞と分析 大修館書店, 1980
  • 明治文学と近代自我 比較文学的考察 南雲堂, 1982
  • わがエドガア・ポオ 荒竹出版, 1983
  • 英詩饗宴 詩の味わい方 南雲堂, 1984

編纂[編集]

翻訳[編集]