小川一真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
小川一眞から転送)
移動先: 案内検索
 小川一真
Ogawa Kazumasa.jpg
1913年頃
本名 原田朝之助[1]
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1860年9月29日
没年月日 (1929-09-06) 1929年9月6日(満68歳没)
出身地 武蔵国埼玉郡忍藩領内
テンプレートを表示

小川 一眞(おがわ いっしん/かずまさ/かずま、万延元年8月15日1860年9月29日) - 昭和4年(1929年9月6日[2])は、日本写真家(写真師)、写真出版者。写真撮影・印刷のほか、写真乾板の国産化を試みるなど、日本の写真文化の発展に影響を与えた。写真技術者・印刷技術者の小林忠治郎(1869-1951)は実弟。

略歴[編集]

万延元年(1860年)、武蔵国埼玉郡忍藩(現・埼玉県行田市)に生まれる[2]。忍藩培根堂で学んだのち[3]明治6年(1873年)に旧藩主松平忠敬から学費の支給を受けて、有馬頼咸が開設した東京の報国学舎(有馬学校)へ入学し土木工学を学んだ[2][3][4]。一眞は同校在学中に写真術に興味を持ったという[2]。明治8年(1875年)に同校を卒業して帰郷し、熊谷の写真師吉原秀雄の下で働きながら写真湿板撮影法を学び、上州富岡町で自身の写真館を開いた[3]。同地では古沢福吉と親交を深め彼の支援を受けている[3]。明治13年(1880年)に築地のバラー学校へ入学して英語を習得し、翌明治14年(1881年)には横浜外国人居留地で警察の通詞を勤めるほどとなった[2]

明治15年(1882年)、前年の第2回内国勧業博覧会に出品した作品が評価されないことに衝撃を受けた一眞は[3]、更に進んだ写真術を会得するべくアメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストンへと渡り、同地のハウスティング写真館に住み込んで働きつつ、欧州からもたらされた当時の最新写真技術やコロタイプ印刷などを体得して明治17年(1884年)1月に帰国した[2]。帰国した一眞は東京飯田町に写真館玉潤館を開業して評判を得、企業家としても活動した[2]。一眞の起ち上げた写真乾板製造会社は失敗に終わったが、明治18年(1885年)にはカーボン印画法の材料を販売する会社も起こしている[2]

一眞の写真技術の評判は政府の耳目を集め、明治20年(1887年)、内務省の委嘱により皆既日食コロナ撮影を行い、明治21年(1888年)には図書頭である九鬼隆一による近畿地方での古美術文化財調査に帯同し、文化財の調査撮影を行った[2]。これをきっかけにフェノロサ日光の美術史調査にも帯同し、岡倉天心らと国華社を設立して明治22年(1889年)にはコロタイプ印刷による図版入りの美術雑誌「国華」の創刊へと繋がった[2]。また、一眞は同年に休刊していた雑誌「写真新報」を編集人兼発行人として復刊して刊行を重ねた[2]。一眞は数々の名所や風俗・文化財をはじめ、日清日露戦争明治天皇大喪の礼濃尾地震アイヌ民族の生活調査など数多くの題材を写真に収めた[2]。明治43年(1910年)、帝室技芸員として顕彰され、東京写真師組合を組織し同初代会長に任ぜられた[5][6]

年譜[編集]

  • 万延元年8月15日(1860年9月29日)- 武蔵国忍藩(現・埼玉県行田市)藩士原田庄左衛門の二男として生まれる。
  • 文久3年(1863年)- 武蔵国行田藩小川石太郎の養子となり、一眞(かずま)と名を改める。
  • 明治6年(1873年)- 上京して英語学を修める。
  • 明治8年(1875年)- 写真師を志して、群馬の豊岡町の吉原秀雄に師事して湿版式写真術を会得する。
  • 明治10年(1877年)- 群馬県富岡に「小川写真館」を開く。
  • 明治14年(1881年)- 写真館を廃業して、横浜の下岡太郎次郎下岡蓮杖の弟子で養子)に写真術を学ぶ。
  • 明治15年(1882年)- 横浜居留地の警護をしていた親類に薦められ、アメリカ軍艦に水兵として乗船し、単身渡米留学をする。アメリカでは、旧岸和田藩主の岡部長職の知遇を得て、乾板製法コロタイプなどの当時最新の写真術を学ぶ。
  • 明治17年(1884年)- 帰国。帰国後すぐ、東京府飯田橋に「玉潤会」を設立し、写真師として活躍。
  • 明治22年(1889年)- 日本で初となるコロタイプ印刷工場として小川写真製版所を京橋区日吉町に設立[5][7]
  • 明治24年(1891年)- 凌雲閣(浅草12階)開催の「百美人」コンテストのため写真を撮影。
  • 一真は、二人の妻に先立たれていたが、明治36年(1903年)6月2日、12歳年下で板垣退助伯爵の三女、婉(えん)と再婚する。
  • 明治43年(1910年)10月18日 - 帝室技芸員に任命される[8]
  • 大正2年(1913年)- 小川写真化学研究所を創設[7]
  • 昭和4年(1929年)9月6日 - 神奈川県平塚市で死去[9]。享年70。

作品[編集]

小川は、小川写真製版所として多くの写真集(写真帖)を刊行している。

東宮御所建築及装飾写真帖
大正天皇東宮のとき、東宮御所(現在の迎賓館)の写真帖を作成。
日本鉄道紀要
1898年刊、日本初の鉄道写真集。

ギャラリー[編集]

受章[編集]

藍綬褒章[7]勲五等旭日章[7]イタリア王冠四等勲章イタリア語版[7]、スウェーデンワザ三等勲章[7]

脚注[編集]

  1. ^ 小川一真 おがわ-かずまさ”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 講談社 (2015年9月). 2016年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 平木収 (1994), “小川一真”, 朝日日本歴史人物事典, 朝日新聞社, ISBN 4023400521, http://archive.is/QOINU#40% 
  3. ^ a b c d e 塚田良道 (2000年). “上州富岡町における小川一真の写真資料について”. 『学術フロンティアシンポジウム 画像資料の考古学』. 國學院大學画像資料研究会. 2015年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  4. ^ 神辺靖光「逸話と世評で綴る女子教育史(3):東京の英語女学生 (PDF) 」 、『月刊ニューズレター:現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて』第3号、『月刊ニューズレター現代の大学問題を視野に入れた教育史研究を求めて』編集委員会、2015年3月15日、 6頁、 ISSN 218918262016年3月22日閲覧。
  5. ^ a b 飯沢耕太郎 (1998), “おがわかずまさ【小川一真】”, 世界大百科事典 (2 ed.), 日立ソリューションズ・クリエイト, http://archive.is/QOINU#60% 
  6. ^ 写真家・小川一真”. 浮世絵と写真でたどる明治ニッポン. たばこと塩の博物館. 2016年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。
  7. ^ a b c d e f “小川 一真 オガワ カズマ”, 20世紀日本人名事典, 日外アソシエーツ, (2004), http://archive.is/g4YKR 
  8. ^ 『官報』第8199号、明治43年10月19日。
  9. ^ 小川一眞 おがわ かずまさ (1860-1929)”. ときのそのとき. meijitaisho.net. 2016年3月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月20日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]