小嶋屋総本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社 小嶋屋総本店
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
948-0135
新潟県十日町市中屋敷758-1
設立 1971年(昭和46年)11月
業種 サービス業
法人番号 6110001020996
事業内容 「小嶋屋総本店(日本そば)」・「そば酒菜 一翔(そば居酒屋)」・ふのりそば(生そば乾麺)の製造販売、卸
代表者 小林重則(代表取締役社長)
資本金 1,000万円
従業員数 300名(製造工場勤務は総勢14名)
関係する人物 小林重太郎(創業者)、小林申一(2代目)
外部リンク 株式会社小嶋屋総本店
テンプレートを表示

小嶋屋総本店(こじまやそうほんてん)は、新潟県十日町市(旧中魚沼郡川西町)に本社を置く、へぎそばを考案した1922年大正11年)創業の老舗そば店であり、新潟県内に8店舗を有する。十日町市本町に本社を置く株式会社小嶋屋(創業1955年、6店舗)と、長岡市に本社を置く株式会社長岡小嶋屋(創業1965年、6店舗)は、小嶋屋総本店2代目の兄弟が分店を出し、その後独立した別会社である。

沿革[編集]

  • 1922年(大正11年) - 初代小林重太郎が中魚沼郡川西町木島町で日本蕎麦専門店として「小嶋屋」を開業。
  • 1946年昭和21年)11月 - 2代目小林申一が復員後小嶋屋に従事した。
  • 1953年(昭和28年)4月 - 十日町市高田町・十日町市四日町に蕎麦取り次ぎ所を開設した。
  • 1971年(昭和46年)3月 - 乾麺製造の販売を開始。
    • 11月 - 有限会社小嶋屋本店を設立。資本金500万円、代表取締役に小林申一が就任。
  • 1974年(昭和49年)12月 - 資本金を1,000万円に増資、本社所在地に本社店舗を新築。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 小林重則が専務取締役に就任。
  • 1981年(昭和56年)3月 - 柏崎市駅前に柏崎店を開設
  • 1987年(昭和62年)11月 - 石臼3台を増築し、乾麺及び生麺の製造工場を新築。
  • 1988年(昭和63年)4月 - 株式会社小嶋屋総本店に商号を変更する。
  • 1992年(平成4年)1月 - 資本金2,000万円で株式会社越後小嶋屋を設立し亀田店を出店。
  • 1993年(平成5年)4月 - 小林重則が代表取締役社長に就任。
  • 1995年(平成7年)7月 - 株式会社越後小嶋屋の2店目として県央店(県央サティ隣接)を出店。
  • 1996年(平成8年)10月 - 越後小嶋屋を小嶋屋総本店に一本化する。
    • 12月、第二工場増設・乾麺製造、包装ラインを一新する。
  • 1997年(平成9年)4月 - 新潟に小針店を出店。
  • 1999年(平成11年)7月 - 柏崎市にうまいもの屋一翔1号店を開店。
  • 2001年(平成13年)11月 - 一翔女池店を出店。
  • 2002年(平成14年)11月 - 小嶋屋長岡喜多町店を出店。
  • 2005年(平成17年)6月 - 総本店を新築移転。
    • 10月、小嶋屋松崎店を出店。

店舗[編集]

  • 小嶋屋総本店(146席)
    • 十日町市中屋敷758-1
  • 小嶋屋総本店 亀田インター店(106席)
  • 小嶋屋総本店 小針店(90席)
    • 新潟市西区小針3丁目1番地1
  • 小嶋屋総本店 松崎店(84席)
    • 新潟市東区新松崎2丁目3番16
  • 小嶋屋総本店 県央店(90席)
  • 小嶋屋総本店 長岡喜多町店(106席)
  • 一翔 女池インター店(95席)(そば居酒屋
    • 新潟市中央区鳥屋野307-5
  • 一翔 柏崎店(95席)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]