小島慎也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小島 慎也
本名 小島 慎也
日本の旗 日本
生誕 1988年11月15日(26歳)
日本の旗 日本 神奈川県逗子市
獲得タイトル 全日本チャンピオン(第38回 - 第41回、第43回)
FIDEマスター

小島 慎也(こじま しんや、1988年11月15日[1] - )は、日本チェスプレーヤー。2013年9月18日における世界ランキングでは4722位[2]

来歴・人物[編集]

神奈川県逗子市生まれ[1]麻布中学校に入学する直前自宅のパソコン内にあるチェスのゲームソフトを使ったのがきっかけでチェスを始めた[3]。麻布中学校・高等学校時代はチェス部に所属[1][3]。麻布高校卒業後は慶應義塾大学SFC湘南藤沢キャンパスに進学した[1]

高校時代の2005年に第38回全日本チェス選手権に史上最年少で優勝しチェスの日本チャンピオンとなった[1][3][4]。その後2008年の第41回まで連続4回全日本チェス選手権で優勝した[1]2009年の第42回全日本チェス選手権では準優勝に終わったが[1]2010年の第43回全日本チェス選手権で5回目の優勝を果たす[1]

2009年FIDEマスターを取得[1]日本人でFIDEマスターを取得したのは小島で5人目である[1]

2011年に慶應義塾大学総合政策学部を卒業後はチェスを続けながら、講師[5]や翻訳協力などチェス関係の活動を行っている[1]

2013年10月には3つ目のIMノームを獲得したが、国際チェス連盟のレーティングが2400に達していないためこの時点では獲得には至らず[6]、2014年12月に2400を超え、日本人では南條遼介に続き2人目となるIMを獲得した[7]

2014年現在は、グランドマスターのノーム獲得を目指しヨーロッパの大会を転戦しているが、シェンゲン協定の関係で、3ヶ月欧州に滞在し3ヶ月日本に帰国するスケジュールを繰り返している[8]

主な戦績[編集]

  • 2003年:東京オープン優勝[1]
  • 2004年:ジャパンオープン準優勝[4]、サマーオープン3位[4]
  • 2005年:全日本百傑戦優勝[1][4]、全日本チェス選手権優勝[1][1][3][4]、全日本ジュニアチェス選手権優勝[1]
  • 2006年:全日本チェス選手権優勝[1][3]、全日本ジュニアチェス選手権優勝[1]、トリノ・チェス・オリンピアード日本代表[1]、ドーハアジア大会日本代表[1]
  • 2007年:全日本チェス選手権優勝[1]、全日本ジュニアチェス選手権優勝[1]、全日本学生選手権優勝[1]、東京オープン優勝[1]、ジャパンオープン優勝[1]
  • 2008年:全日本百傑戦優勝[1]、全日本チェス選手権優勝[1]ドレスデン・チェス・オリンピアード日本代表[1]
  • 2009年:全日本百傑戦優勝[1]、全日本チェス選手権準優勝[1]、東京オープン優勝[1]、FIDEマスター取得[1]
  • 2010年:全日本チェス選手権優勝[1]

監修・協力[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]